昭和文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

昭和文化(しょうわぶんか)とは、昭和天皇が在位した時代(昭和元年(1926年12月25日~昭和64年(1989年1月7日)に開花した文化を指す。


第二次世界大戦まで[編集]

昭和天皇即位(昭和元年(1926年12月25日)から第二次世界大戦終結(昭和20年(1945年8月15日)までを指す。大都市では近代的な市民文化が定着しはじめるが、1930年代後半、特に日中戦争以降しだいに軍国主義的な要素が濃くなっていく。

封建遺制[編集]

近代文化の大衆化[編集]

第二次世界大戦後[編集]

連合国占領時代[編集]

第二次世界大戦終結(昭和20年、1945年)から、サンフランシスコ平和条約発効(昭和27年、1952年)に伴うイギリス軍アメリカ軍をはじめとする連合国軍占領終了までの戦後混乱期戦後復興期GHQのもと民主化が進められる。政治や社会の混乱の中で、戦後復興が進められた。

民主化と逆コース
社会混乱

戦後復興から東京オリンピックへ[編集]

サンフランシスコ平和条約発効(昭和27年、1952年)による独立回復から、東京オリンピック(昭和39年、1964年)まで。庶民生活にも豊かさが流れ込み、高度経済成長が始まる。

東京オリンピック後から円高不況まで[編集]

概ね東京オリンピック(昭和39年、1964年)から、プラザ合意(昭和60年、1985年)までを指す。高度経済成長によってもたらされた消費文化が広く行き渡り、一億総中流と呼ばれた時期である。「サザエさん」の他、「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」など、「戦後」の日本を維持しているとされるアニメーションは、この時期を舞台にしている。

関連項目[編集]