アラビア語パレスチナ方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラビア語パレスチナ方言
فلسطيني
話される国 パレスチナの旗 パレスチナ
ヨルダンの旗 ヨルダン
イスラエルの旗 イスラエル
言語系統
言語コード
ISO 639-1 ar
ISO 639-2 ara
ISO 639-3
テンプレートを表示

アラビア語パレスチナ方言: Palestinian Arabic)は、アラビア語の口語(アーンミーヤ)のひとつで、レヴァント方言英語版に分類される方言。パレスチナ人が日常の話し言葉として用いる言語である。

特徴[編集]

パレスチナ方言の特徴として、未完了形の語頭にbの発音が生じ、女性形語尾 a(フスハー)が、e になっている(強勢子音でない子音の後のみ)。その他、疑問詞は下記のようにフスハーとはかなりかけ離れた(すなわち通常のアラビア語の辞書には掲載されていない)語彙がある。また、イスラエル国内においては、アラビア語のなかにかなりヘブライ語の語彙などが混入しており、ヘブライ語の影響を受けている。定冠詞ال(アル、パレスチナ方言では「イル」)の前に ه(ハ)がつくことがある。このهال は、シリア、イラクなど広範囲に見られる。年代的に考えて、ヘブライ語の定冠詞がה(ハ)とは関係ない。そして、エルサレム方言、イスラエル北部のガリラヤ方言、ならびに都市部と農村部における相違がみられる。


疑問詞

フスハー アラビア語パレスチナ方言 和訳
لماذا Limāðā ليش Layš なぜ
ماذا māðā ايش ayš, شو šū
كيف Kayfa كيف Kīf, چيف ĉīf, كنف kinf どのように
متى matā إيمتى īmtā, إيمتين īmtīn いつ
اين ayna وين wayn どこで
من man مين mīn