アラビア語チュニジア方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アラビア語チュニジア方言
تونسي
話される国 チュニジアの旗 チュニジア
話者数 11,000,000人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 aeb
テンプレートを表示

アラビア語チュニジア方言: Tunisian Arabic)は、アラビア語の口語(アーンミーヤ)のひとつで、マグリブ方言英語版に分類される言語。チュニジアで話されている。一部の書籍では「チュニジア語」とも呼ばれる[1]

国家の公用語である正則アラビア語(フスハー)と共に1,100万人のチュニジア人によって話される。正則アラビア語と区別するため、話者は دارجة dèrja [dɛːrʒæ] (方言)またはtounsi [tuːnsi](チュニジアの)と呼ぶ。

語彙にはフランス植民地時代のチュニジアへの入植者の言語だったフランス語イタリア語スペイン語などのロマンス諸語起源の語をも含む。

分布[編集]

チュニジアの地理的な条件から、チュニジア方言は「連続した」アラビア語の他の方言を持つ隣国リビアアルジェリアに及んでいる。またチュニジア移民の居住地が存在するドイツベルギーフランスなどのヨーロッパにも存在は及んでいる。

方言[編集]

  • Tunis (aeb-tun)
  • Sahil (aeb-sah)
  • South-Western Tunisian (aeb-sow)
  • South-Eastern Tunisian (aeb-sou)
  • North-Western Tunisian (aeb-nor)
  • Sfax (aeb-sfa)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『まずはこれだけチュニジア語 (CDブック)』(ベクリ・アブデルモナム、国際語学社、2010年4月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]