ه

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ه
語末形 語中形 語頭形
ـه ـهـ هـ
ه
語末形 語中形 語頭形
ـه ـهـ هـ
アラビア文字
خ ح ج ث ت ب ا
ص ش س ز ر ذ د
ق ف غ ع ظ ط ض
ي و ه ن م ل ك
لا ة ء
ペルシア文字
ح چ ج ث ت پ ب ا
ش س ژ ز ر ذ د خ
ق ف غ ع ظ ط ض ص
ی ه و ن م ل گ ک
لا ء

ه(ハー, هاء)はアラビア文字の26番目に位置する文字。無声声門摩擦音 /h/ を表す。

単独形の筆順
語頭形の筆順
語末形の筆順

フェニキア文字から受け継がれた文字の一つで、ヘブライ文字ה‎、発音は全く異なるがギリシャ文字Εラテン文字Eキリル文字E と対応している。元は『』の形であった。

初期のアラビア語では女性語尾が ـَهْ(-ah)と ـَتْ(-at)の2種類があったがその後統合され ه の上に ت の弁別点2個をつけた ة(tā’ marbūṭa(h),ター・マルブータ)が作られた。ター・マルブータは「結ばれたター」「縛られたター」という意味で ت を丸めた形状のことを指すが、現代でも古典的アラビア語の発音を継承しており文語では属格(イダーファ)構文や息継ぎなしのつなげ読み(ただし現代のフスハー会話ではイダーファ構文以外ではt発音はしないのが一般的)で ت(t)の音を示すほか休止形では ه(h)の発音となる。(ただし現代会話では休止形でh音を発音せず直前の短母音aまでしか発音しない。)

なお、アラビア語以外の言語では現在でも語尾の ه‎ は母音を表すことが多く、言語によっては語中でも母音を表す。

ペルシャ文字やそこから派生したウルドゥー文字などのアルファベット順では、ه‎ は و‎ と ي‎ の間に置かれ、アラビア語のアルファベット順と比べて و‎ と ه‎ が逆になっている。

関連する文字[編集]

ウルドゥー文字では ه‎ が2種類に分かれている。

  • بھ‎ のように他の子音の後ろについて、帯気音を表す。語末にあってもアラビア文字の ه‎ の語中形のように書かれる。単独ではアラビア文字の語頭形のように ھ‎ do chashmi heと書かれる。
  • /h/ を表す。単独ではアラビア文字と同じように ہ‎ と書かれる。語頭・語中・語末では ہہہ‎ のように特殊な形に書かれる。

Unicode では、前者に U+06BE、後者に U+06C1 を割り当てている。

ウイグル語でも2種類の ه‎ が存在する。

  • ھ‎ (U+06BE) は /h/ を表す。独立形は語頭形と同じ形、語末形は語中形と同じ形になる。
  • ە‎ (U+06D5) は母音の /ɛ/ を表す。常に語末形か独立形で現れ、後ろの文字に続かない。

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
ه U+0647 ه
ه
ハー