گ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

گ(ガーフ)は、ペルシア文字の26番目の文字で、有声軟口蓋破裂音 /ɡ/ を表す。

アラビア文字に g の字がないため、対応する無声音 /k/ を表す ک に線を加えることによって作られた文字である。

ペルシア文字だけでなく、ウルドゥー文字オスマン語のアラビア文字シンド語の文字など、さまざまな言語で使われる。

g の音を表す他のアラビア・ペルシア系文字[編集]

ジャウィ文字では、ペルシア文字と少しことなる ݢ (U+0762) または ڬ (U+06AC) で g を表す。

パシュトー語では、ک に円をつけた ګ (U+06AB) で g を表す。

チュニジアなどでは、ق を変形した ڨ (U+06A8) で g を表す。

アラビア語の方言によっては ق が g と発音されることがある。またエジプト方言などでは ج が g と発音される。ほかに غ で代用されることもある。たとえば Google は جوجل または غوغل と書かれる。

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 説明
گ U+06AF گ
گ
ペルシア文字の g
ڰ U+06B0 ڰ
ڰ
ڱ U+06B1 ڱ
ڱ
シンド語の ng
ڲ U+06B2 ڲ
ڲ
シンド語の文字、不使用
ڳ U+06B3 ڳ
ڳ
シンド語の /ɠ/
ڴ U+06B4 ڴ
ڴ
シンド語の文字、不使用
U+08B0 ࢰ
ࢰ