ل

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
ل
語末形 語中形 語頭形
ـل ـلـ لـ
アラビア文字
خ ح ج ث ت ب ا
ص ش س ز ر ذ د
ق ف غ ع ظ ط ض
ي و ه ن م ل ك
ة ء

(ラーム, لام)はアラビア文字の23番目に位置する文字。歯茎側面接近音 /l/ を表す。

フェニキア文字から受け継がれた文字の一つで、ヘブライ文字ל‎、ギリシャ文字Λキリル文字Лラテン文字L に対応する。元は雄牛を追い立てる棒の形から来たといわれている。

直後にアリフが来る場合、合字لا(ラーム・アリフ)を作る。動作の対象を表す前置詞(日本語の「を」に相当)として用いられる場合、発音は必ずliとなる。また、直後に続く語がアリフで始まる場合、アリフは綴りから削除し、発音もされない。


神の名において(1)
賛美は、(2)(3)審判の日の所有者は(4)崇拝の慈悲深き用心アッラー、万有の主になると、あなたは、私たちは使用(5)私たちにストレートパスを表示(6)それらに授けられた者の道は道に迷ってしまっていない怒りである(7)
Kami no nanioite (1 ) sanbi wa,(2 ) (3 ) shinpan no hi no shoyū-sha wa (4 ) sūhai no jihibukaki yōjin arrā, ban'yū no omo ni naru to, anata wa, watashitachi wa shiyō (5 ) watashitachi ni sutorētopasu o hyōji (6 ) sorera ni sadzuke rareta mono no michi wa michi ni mayotte shimatte inai ikaridearu (7 )
文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 説明
ل U+0644 ل
ل
ラーム
ڵ U+06B5 ڵ
ڵ
クルド語 /ɫ/
ڶ U+06B6 ڶ
ڶ
ڷ U+06B7 ڷ
ڷ
ڸ U+06B8 ڸ
ڸ