インド数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーン・アル=ウムダーン(イスラエル)の時計台
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

インド数字(インドすうじ)、ヒンディー数字、あるいはアラビア・インド数字とは、アラビア語などでアラビア文字と共に用いられる数字である。ペルシア語では 4, 5, 6 の字形がやや異なる。

インドの数字に由来するのでインド数字と呼ばれるが、インドではなくアラブ諸国・アラビア語圏で使われる数字である。

アラビア文字部分は右から左に書かれるが、インド数字は左から右に書く。ただしインド数字部分を完全に左から右に読む訳ではなく、アラビア語の文法に従って千の位→百の位→一の位→十の位という順番になる。また西暦やヒジュラ暦などの年数に関しては右から左に読み一の位→十の位→百の位→千の位と読む方法もしばしば使われている。

アラブ世界ではこのインド数字に加えアラビア数字も使われており混在状況にある。

名称[編集]

インドで生まれた位取り記数法の数字は、西方のアラビアに伝わった。このためアラビアでは الأرقام الهندية(al-arqām l-hindīya、インド数字)と呼ぶが、インドで使われるデーヴァナーガリー数字などとは字形が異なる。

このアラビアのインド数字がヨーロッパに伝わり、字形が変わって 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 の算用数字となった。これをヨーロッパではアラビア数字と呼ぶので、紛らわしい名称となっている。アラビア語でも、このアラビア数字を الأرقام العربية(al-arqām l-Arabīya、アラビア数字)と呼ぶ。

コンピュータ[編集]

Unicode では、U+0660 … U+0669 (Arabic-Indic digits) と、U+06F0 … U+06F9 (Extended Arabic-Indic digits) の2箇所にインド数字が定義されている。前者はアラビア語世界で使われる通常のインド数字であり、後者は東部のイランアフガニスタンパキスタンインドなど(ペルシア語シンド語ウルドゥー語)で使われる。実際には東部でも言語ごとに字体が異なるが、それらは統合されている[1]

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
インド数字
(U+0660..0669)
٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩
拡張インド数字
(U+06F0..06F9)
۰ ۱ ۲ ۳ ۴ ۵ ۶ ۷ ۸ ۹

脚注[編集]

関連項目[編集]