インド数字

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーン・アル=ウムダーン(イスラエル)の時計台
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

インド数字(インドすうじ)、ヒンディー数字、あるいはアラビア・インド数字とは、アラビア語などでアラビア文字と共に用いられる数字である。ペルシア語では 4, 5, 6 の字形がやや異なる。

インドの数字に由来するのでインド数字と呼ばれるが、インドではなくアラビアで使われる数字である。

アラビア文字は右から左に書かれるが、インド数字は左から右に記す。

名称[編集]

インドで生まれた位取り記数法の数字は、西方のアラビアに伝わった。このためアラビアでは الأرقام الهندية(al-arqām l-hindīya、インド数字)と呼ぶが、インドで使われるデーヴァナーガリー数字などとは字形が異なる。

このアラビアのインド数字がヨーロッパに伝わり、字形が変わって 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 の算用数字となった。これをヨーロッパではアラビア数字と呼ぶので、紛らわしい名称となっている。アラビア語でも、このアラビア数字を الأرقام العربية(al-arqām l-Arabīya、アラビア数字)と呼ぶ。

コンピュータ[編集]

Unicode では、U+0660 … U+0669 (Arabic-Indic digits) と、U+06F0 … U+06F9 (Extended Arabic-Indic digits) の2箇所にインド数字が定義されている。前者はアラビア語世界で使われる通常のインド数字であり、後者は東部のイランアフガニスタンパキスタンインドなど(ペルシア語シンド語ウルドゥー語)で使われる。実際には東部でも言語ごとに字体が異なるが、それらは統合されている[1]

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
インド数字
(U+0660..0669)
٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩
拡張インド数字
(U+06F0..06F9)
۰ ۱ ۲ ۳ ۴ ۵ ۶ ۷ ۸ ۹

脚注[編集]

関連項目[編集]