س

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
س
語末形 語中形 語頭形
ـس ـسـ سـ
س
語末形 語中形 語頭形
ـس ـسـ سـ
アラビア文字
خ ح ج ث ت ب ا
ص ش س ز ر ذ د
ق ف غ ع ظ ط ض
ي و ه ن م ل ك
لا ة ء
ペルシア文字
ح چ ج ث ت پ ب ا
ش س ژ ز ر ذ د خ
ق ف غ ع ظ ط ض ص
ی ه و ن م ل گ ک
لا ء

س(スィーン, سين)はアラビア文字の12番目に位置する文字。無声歯茎摩擦音 /s/ を表す。現代標準アラビア語セム祖語の子音がほぼ一対一で対応できる中、2つの祖語の子音(/s//ʃ/)に対応する唯一のものである[1]

単独形の筆順
語頭形の筆順

伝統的な文字の配列でヌーンのあとに来ること、数価の 60 を表すことなどは、ヘブライ文字のサメフ(ס‎)やギリシア文字Ξ に対応するが、文字の形とその名称はヘブライ文字のシン(ש‎)、ギリシア文字の Σ と共通である。

この文字の上に点をつけたものがشである。

符号位置[編集]

文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
س U+0633 س
س
スィーン

脚注[編集]

  1. ^ Lipinski (1997:124)
  • Lipinski, E. (1997), Semitic Languages, Leuven: Peters