言語変化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

言語変化(げんごへんか、:Language change)とは、自然言語に生じる音声形態意味統語の変化のことである。歴史言語学において研究される。

言語の変化[編集]

言語は社会的な約束事・規則だから、勝手に変えるとコミュニケーションに支障をきたす。しかしながら、一定で不変のものでもなく、どこかで揺れている。この揺れが、ごく一部の話し手だけにとどまっていれば変化しないが、広く受け入れられると言語の変化となる。意図的に変化させることはできないが、自然の変化を止めることもできない[1]。変化を予測することはできない。変化に必然性はなく、変化した要因は説明できても、同じ条件にある言語なら同じように変化するわけでもない。

要因[編集]

言語変化の要因には内的要因と外的要因がある。

  • 内的要因:個々の誤用が蓄積されて定着する。
  • 外的要因:言語接触による。

言語の歴史的研究[編集]

言語の歴史的研究を行なう分野を歴史言語学と言う。歴史的研究には、過去の言語で書かれた文字資料が手がかりとなる。とは言え、文字で書くという行為はやや改まった場面でおこなわれるもので、必ずしも話し言葉と一致しているわけではない。また、書き言葉が固定化され、話し言葉の方だけ変化してしまう場合もある。例えば日本語では、明治時代に言文一致が行なわれるまでは、平安時代の言語を基にした文語体が書き言葉として使われていた。英語では、大母音推移によって発音が変化した後も、文字表記は変化させなかったため、綴りと発音との間に大きな乖離が生じた。一方で、文章の中に現れる書き間違いから、当時の発音を知ることもできる。例えば、日本語で過去に「ウルハシ」と書くべきところを「ウルワシ」と書いた例では、当時ハをワと発音するようになっていたことが分かる。

音変化[編集]

条件変化と無条件の変化[編集]

日本語では、かつてɸ(ファ行の子音)と発音したハ行子音は、kaɸa→kawaのように、母音に挟まれた条件でwに変化した。後述する口蓋化は、i・eのような前舌母音の前という条件下で起こる子音の変化である。このような、前後の音の条件によって変化する例は多くみられる。

一方、英語の大母音推移は、各音素に起きた無条件の変化である。

様々な音変化[編集]

多くの音変化は、発音しにくい音を楽にするための変化である。しかし、どのような場合に発音しにくいと感じるかは、言語により、時代により異なってくる。例えば日本語では、かつては母音連続を嫌っていたため、連母音の一方を脱落させたり間に子音を挿入したりしていたが、現在ではこのような傾向はない。

同化は、前後の音のどちらかが他方に作用して、似た音あるいは同じ音に変えてしまうことである。iやeの前にあるkやtがtʃに変化する現象は口蓋化と呼ばれ、多くの言語で見られる。これは後ろの音が前の音を変化させるもので、逆行同化と言う。これに対し、英語の複数形語尾の発音z/s/izは、直前の音による変化である。前の音が後ろの音を変化させるものを順行同化と言う。隣接していない音で同化が起こることもあり、ゲルマン語派におけるウムラウトが有名である。例えば英語のfootの複数形feetは、古くはfōtiであったものが、後ろのiの影響でoːがeːに変化したものである(その後、さらに大母音推移でeː→iːの変化を起こした)。

同じ音あるいは似た音が連続すると、そのうちのどれかを違う種類の音に変化させることがあり、これを異化と言う。西欧では、rが連続して同じ語のなかに現れると、そのうちの一つをlに変える傾向がある。例えば英語のpurpleは、ラテン語から借用したpurpuraが変化したものである[2]

弱化は、母音や子音が弱まる現象。母音弱化は、口腔内の中央付近で調音されるあいまい母音(ə)への変化が代表的で、多くの場合はアクセントの置かれない音節で発生する。子音弱化は、破裂音破擦音摩擦音に変化する現象が代表的で、日本語ではハ行子音がp→ɸと変化した例がある。またzの摩擦音が弱まってrに変化する例があり(ロータシズム)、例えばゴート語のmaizaが英語でmore、ドイツ語でmehrに変化している。弱化が進むと、音の脱落が起きる。例えば英語のknifeはkの脱落が起きており、ラテン語のbuccaはスペイン語でbocaになった[3]

音の脱落には、「いやだ」→「やだ」、「している」→「してる」などがある。脱落が起きても、元の長さを保つために隣接する音が長くなることがある(代償延長)。例えば英語では、語末のrが消失したが、その分直前の母音が長くなった(例:car[kar]→[kaː])。nightは[nixt]から[niːt]に変化した(その後さらに[nait]に変化した)。また、同じ音が続くと、「あしし」→「あし」(悪し)、「たいいく」→「たいく」(体育)のように、重音脱落が起きることがある。

音挿入は、語頭、語中、語尾に音が挿入されることである。語頭の子音連続を回避するため、英語のspiritは、フランス語ではeを付けてespritとなっている。語中でも、音を挿入して発音を楽にすることがある。例えば、「たくあん(沢庵)」を「たくわん」と発音する場合では、wが挿入されている。

音位転換は、語のなかの音の位置が入れ替わることである。例えば、日本語における「あらたし」→「あたらし」(新し)、「したつづみ」→「したづつみ」(舌鼓)などがある。

間違っていると言われる発音を直そうとするあまり、正しい発音も変えてしまう場合がある。これを過剰修正と言う。日本語の方言でヒをシと発音する話者は、シをヒに直そうとする意識が働き、「しく(敷く)」を「ひく」に変えてしまう、等の例がある。

形態変化[編集]

類推[編集]

日本語の一段動詞(上一段活用下一段活用)は、可能形も受身形も「見られる」「食べられる」であるが、五段動詞では可能形は「取れる」「切れる」、受身形は「取られる」「切られる」で別の形を用いる。一段動詞は本来、mi-rareru、tabe-rareruであるが、五段動詞の可能形tor-eru、kir-eruという形からの連想で、一段動詞の可能形でもmir-eru、taber-eruという形が生まれている。また、古英語に360ほどあった不規則動詞は、現在は約60まで減っている。このように、不規則な形があると、記憶を楽にするため、なるべく規則的な型に揃えようとする。このような心理的な働きを類推と言う。一般に、使用頻度の低い語はつい忘れがちになるため、類推を受けやすい。

異分析[編集]

異分析とは、誤解によって語が本来とは違う解釈をされることである。たとえば英語のcherry(サクランボ)は、フランス語のcherisのsを複数形語尾と誤解してsを脱落させたものである。

意味の変化[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『言語学 第2版』、170頁。
  2. ^ 『言語学 第2版』、180頁。
  3. ^ 『言語学入門』、161頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]