松村一登

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松村一登(まつむら かずと、1953年1月20日 - )は、日本言語学者東京大学教授。ウラル語コーパス研究が専門。

人物[編集]

長野県下伊那郡豊丘村出身。長野県飯田高等学校卒、1976年東大文学部言語学科卒、1983年同大学院博士課程満期退学、東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所助手、1990年助教授、1995年東京大学文学部附属文化交流研究施設助教授、97年教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『エクスプレスフィンランド語』白水社 1986
  • 『CDエクスプレスフィンランド語』白水社 2002

共著[編集]

  • 『まずはこれだけエストニア語』宮野恵理共著 国際語学社 2012

出典[編集]

  • 『現代日本人名録2002』日外アソシエーツ

外部リンク[編集]