比較方法 (言語学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロマンス諸語の比較方法に基づく系統モデル

比較方法(ひかくほうほう、Comparative method)または比較法(ひかくほう)とは、言語学において共有する祖先をもつ言語同士の特徴を比較する方法である。

概要[編集]

比較方法は19世紀欧州で発達した。内的再構とともに、過去の言語の復元や言語同士の関係の仮説を立てるために用いられる。比較方法による再建比較再構(または比較再建)という。比較方法によって再建された言語が祖語であり、比較方法により再構を行う分野比較言語学という。

手順[編集]

比較方法はおおよそ以下の手順で行われる。

  1. 音対応発見
  2. 再構作業
  3. 文法の比較

参考[編集]

  • 斎藤純男、田口善久、西村義村(2015)『明解言語学辞典』三省堂 P184