同化 (音声学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

同化(どうか、assimilation)とは、ある音素Xが、近接する音素Yの影響により、Yの特徴を共有した異音Y'として実現するという音韻過程を指す。

  1. 順行同化
    • Yが先行するような場合、つまり図式的にはの次のように示される同化を順行同化(progressive assimilation)と言う。
    /...YX.../ → [...YY'...]
    liked/laik+d/ → [laikt]
    • 朝鮮語鼻音/n/。流音に連続する場合、順行または逆行同化によって流音として具現化される。ただし朝鮮語では音節中の位置で[r]と[l]が相補分布をなすため、具現形は[l]。
    구일날/ku+ir+nar/ → [ku:illal]「九日のひ」
    • 日本語時制の接辞/+ta/。語幹が有声音で終わる場合、順行同化によって[da]として実現される。
    読んだ/jom+ta/ → [jonda]
  2. 逆行同化
    • 同化の環境を構成するYがXに後続する場合、図式的には次のように示される同化を逆行同化(regressive assimilation)という。
    /...XY.../ → [...Y'Y...]
    • assimilateという語自体が逆行同化を含んでいる。
    assimilate <ad + similate> → sɪmɪleɪt]
    • 日本語の動詞語幹末子音/w/に相・時制の接辞/+ta/が後続した場合、逆行同化により[t]として具現化される。
    買った/kaw+ta/ → [katta]
  3. 同種の音素に挟まれることによる同化
    /...YXY.../ → [...YY'Y...]
    蕎麦/soba/ → [soβa]
    • 朝鮮語の破裂音/p, t, k/鼻音/n, m, ŋ/が後続した場合、逆行同化により[m, n, ŋ]として実現される。
    입맛/ip+mat/ → [immat][食指]
    옛날/jet+nar/ → [jennal][昔]
    악몽/ak+moŋ/ → [aŋmoŋ][惡夢]
  4. 母音交替では隣接していない音素に同化が生じる
    • 英語の'foot'の複数形'feet'は歴史的には、複数を表す接尾辞/+i/が語基/fot-/に添加され/foti/となり、[fe:ti]として母音が逆行同化(ウムラウト)を受けた後に[i]が脱落し、その後大母音推移によって[fi:t]となった。
    • 中期朝鮮語までは体系的な母音調和が存在したが、現代の朝鮮語にも述語活用の一部に残る。
    /s[-子音,+低舌,+ATR]l+[-子音,αATR]ss+ta/ → [saratt*a]「住んだ、生きた」