言語交替

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コンウォール語から英語への言語交替

言語交替または言語交換、言語変更、言語転換、言語移行、言語取り換え(Languages shift、Language transfer、Language replacement、Assimilation)は言語集団が使用言語を別言語に変えることである。言語交換の要因として、文化的・社会的地位の圧倒的な優位性や、リンガフランカの確立による少数言語の使用衰退などが挙げられる。

言語交替の例[編集]

遺伝子との関係[編集]

言語の分布はY染色体ハプログループと相関することが多い(父系言語仮説)。同系統の言語にもかかわらずY染色体が異なる場合、多くはどちらかの集団で言語交替が起こった可能性が高い。例えば、ハンガリー人の言語はウラル語族に属すが、他のウラル系民族に高頻度なハプログループN (Y染色体)をほとんど有しておらず、周辺のスラブ系民族と同質のY染色体頻度を持つ[1]。これはパンノニア平原に居住する人々において過去にハンガリー語への言語交替が起こったことを示す。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ van Driem, George (2008). “Reflections on the ethnolinguistic prehistory of the greater Himalayan region”. In Brigitte Huber, Marianne Volkart and Paul Widmer. Chomolangma, Demawend und Kasbek: Festschrift für Roland Bielmeier zu seinem 65. Geburtstag (2 vols.). Halle: International Institute for Tibetan and Buddhist Studies. pp. 39–59