小友沼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小友沼
Otomo-numa water reservoir Aerial photograph.1975.jpg
小友沼付近の空中写真。1975年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 秋田県能代市
位置
面積 56,000m2 km2
最大水深 180 m
貯水量 637,000 km3
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

小友沼(おともぬま)は、秋田県能代市にあるため池で、ガンカモ類の渡りの中継地点である。

2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

小友沼は1617年(元和3年)1675年(延宝3年)に久保田藩佐竹義宣の命を受け出羽角間川組下を支配した梅津政景・忠雄親子により灌漑用ため池として造成された[2]。、奥羽本線東能代駅から約2km南側の丘陵の麓に位置し、周囲に在する米代川の水や沢の水を引き入れて貯水している。1998年には県指定鳥獣保護区に設定された。ガンカモ類の渡りの季節には観察小屋が設置されている。

歴史[編集]

『榊史話』(1953年浅野虎太)によると、小友沼は次のように記されている。

「今の小友下より機織方面は慶長以前、茫々たる芦原であったが、秋田藩主佐竹義宣が開拓事業を創起し、重臣の梅津政景が20年間、養子の忠雄がその後38年間という親子二代にわたって事業の推進をはかり、元和4年より着手して田地248町歩の開墾と、その灌漑用としての小友溜め池が造成されたものである。周囲1里余りあり、工事は延宝3年まで58年の長年月を要している。その当時は民家の数も少なく、多くは漁業を生業にしていたという。耕地開墾などの経験は無かったから働く人の苦労はもとより、梅津氏にとって正に難事業であった。この開墾は58年もの長年月を要したため、元来漁業を生業としてきた住民の中にはこれに反抗したり、労働に参加しなかった人も出て人心の統一には非常に難儀をしたと伝えられている。現在の機織神社には梅津政景が祀られている」

自然[編集]

小友沼

ヨシ原からなる豊かな湿地を有し、最盛期には10万羽を超える渡り鳥が飛来するなど、自然価値の高い渡りの中継地点であるほか、ミサゴオジロワシなどの絶滅危惧種を含むさまざまな生物の生息地でもある[3]。このことから平成11年に東アジア地域ガンカモ類重要生息地ネットワークに登録されている。

生物[編集]

年間を通じて数十種類の鳥類が確認されている。

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

  • 東能代駅

脚注[編集]

  1. ^ 小友沼
  2. ^ 小友沼ためいけ環境調査
  3. ^ 小友沼の概要(能代市ホームページ)

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • 『世界の宝・雁が渡る能代平野 小友沼』、畠山正治、秋田文化出版、2003年
  • 『小友沼 続 明日につなぎたいいのち輝く能代平野』、畠山正治、秋田文化出版、2013年/11

外部リンク[編集]