カキツバタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カキツバタ
Kakitsubata1.jpg
カキツバタ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: アヤメ科 Iridaceae
: アヤメ属 Iris
: カキツバタ I. laevigata
学名
Iris laevigata
Fisch.[1]

カキツバタ(燕子花、杜若、Iris laevigata)はアヤメ科アヤメ属植物である。

分布[編集]

シベリア南部から日本にかけて分布する[2]。具体的にはロシアイルクーツク州サハ共和国、旧チタ州ブリヤート共和国; アムール州沿海地方、クリル諸島(= 千島列島)、サハリン州ハバロフスク地方)、中華人民共和国(南中央部、満州、北中央部)、朝鮮、日本に見られ、さらにオーストラリア西部にも持ち込まれている[2]

解説[編集]

カキツバタは湿地に群生し、毎年5月から6月にかけて紫色の花を付ける。内花被片が細く直立し、外花被片(前面に垂れ下がった花びら)の中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることなどを特徴とする。

愛知県県花でもあり、それは三河国八橋(現在の知立市八橋)が『伊勢物語』で在原業平がカキツバタの歌を詠った場所とされることに由来している[3]

ら衣
つつなれにし
ましあれば
るばる来ぬる
びをしぞ思ふ — 在原業平の詠歌

江戸時代の前半にはすでに多くの品種が成立しており、古典園芸植物の一つでもある[4]が、江戸時代後半にはハナショウブが非常に発展して、カキツバタはあまり注目されなかった。現代では再び品種改良が進められている。

漢字表記の一つ「杜若」は、本来はヤブミョウガという別種の漢名(「とじゃく」と読む)であったが、カキツバタと混同されたものである。

見分け方[編集]

アヤメIris sanguinea)が比較的乾燥している場所を好むのに対し、カキツバタは湿地を好む[5]。葉幅はアヤメのほうが狭く、カキツバタのほうが広い(ハナショウブは両者の中間)[5]

花弁の付け根は、アヤメは網目模様、カキツバタは白い一筋の線、ハナショウブは黄色になっている[5]

人との関わり[編集]

保全状況評価[編集]

準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト

Status jenv NT.svg

2007年平成19年)8月レッドリスト。以前の環境省レッドデータブックでは絶滅危惧II類(VU)。

美術作品[編集]

うらえ杜若 南粋亭芳雪/画 『浪花百景

カキツバタを描いた美術作品には尾形光琳の「燕子花図屏風」などがある。

音楽作品[編集]

  • Pii「カキツバタ」(作詞/作曲/編曲 Yamanashi Ayumi & Sera Masumi)[6]
Irises screen 1.jpg Irises screen 2.jpg
尾形光琳「燕子花図屏風」(根津美術館

シンボル[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Tropicos.org. Missouri Botanical Garden. 15 Jun 2021<http://www.tropicos.org/Name/16600241>
  2. ^ a b Barker, C. and R. Govaerts (2021). World Checklist of Iridaceae. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://wcsp.science.kew.org/namedetail.do?name_id=322030 Retrieved 15 June 2021
  3. ^ あいちのシンボル(花・木・鳥・魚)”. 愛知県. 2018年4月20日閲覧。
  4. ^ 日本伝統の園芸植物「花菖蒲」の魅力に迫る!”. 玉川大学農学部 田淵研究室. 2020年6月4日閲覧。
  5. ^ a b c あやめの見分け方 潮来市、2022年5月10日閲覧。
  6. ^ (日本語) Pii「カキツバタ」Music Video, https://www.youtube.com/watch?v=RabGWEJ9ULU 2021年5月30日閲覧。 

関連項目[編集]