ノハナショウブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノハナショウブ
Iris_ensata_var._spontanea
Iris ensata var. spontanea
(2008年6月25日、福島県会津地方
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: アヤメ科 Iridaceae
亜科 : アヤメ亜科 Iridoideae
: Irideae
: アヤメ属 Iris
亜属 : I. subg. Limniris
: I. sect. Limniris
: ノハナショウブ(広義) I. ensata Thunb. (1794)[1]
変種 : ノハナショウブ I. e. var. spontanea
学名
Iris ensata
Thunb.
var. spontanea
(Makino) Nakai ex Makino et Nemoto (1930)[2]
シノニム
  • Iris kaempferi Siebold ex Lemaire (1905)[3]

ノハナショウブ(野花菖蒲、Iris ensata または Iris ensata var. spontanea)は、アヤメ科アヤメ属多年草園芸種であるハナショウブ(花菖蒲、I. e. var. ensata)の原種である。

形態・生態[編集]

花茎の高さは40cmから100cmになる。

は剣形で全縁。

花期は6月から7月で、赤紫色の花びらの基部に黄色のすじが入るのが特徴。アヤメには網目模様が入り、カキツバタには白色から淡黄色のすじが入る。

分布と生育環境[編集]

中国朝鮮半島日本北海道東北四国九州)に分布する。水辺湿原、湿った草原に自生する。

人間との関わり[編集]

1994年(平成6年)1月24日に発売され、2014年(平成26年)3月31日まで販売された420円普通切手の意匠となった[4]

注と出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Iris ensata Thunb.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai ex Makino et Nemoto”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年11月26日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Iris kaempferi Siebold ex Lemaire”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年11月26日閲覧。
  4. ^ 普通切手、慶弔切手一覧”. 公益財団法人日本郵趣協会. 2014年4月1日閲覧。(ただし、発売開始の出典とはならない)

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、63頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]