月見が池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月見が池
弁財天を望む盛夏の月見ヶ池
所在地 山梨県上野原市上野原
位置
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
月見が池周辺の空中写真。1974年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

月見が池(つきみがいけ)は、山梨県上野原市上野原にあるため池である。2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

月見が池は、一級河川桂川河岸段丘に広がる農地を潤すため、支流の鶴川から1911年(明治44年)延長8,700mの「上野原用水」を整備し1931年(昭和6年)に造成された[2]

周辺[編集]

サクラアジサイツツジ等が植栽されており住民の憩いの場となっている。

カモ等の鳥類や、コイフナ等の魚類など多様な動植物が生息していて、特に山梨県でのキマダラルリツバメの唯一の生息地でもあり、隣接する上野原小学校では、鳥類の巣箱を設置し環境学習を行っている。

ため周辺には池完成時に弁財天の社が建設され、毎年7月には多くの参拝者が集まる月見ヶ池弁財天祭りが行われている。

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 月見が池 - 農林水産省ため池百選
  2. ^ 水土里デジタルアーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]