佐織谷池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐織谷池
所在地 京都府舞鶴市下東
位置
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

佐織谷池(さおりだにいけ)は、京都府舞鶴市下東にあるため池である。2010年(平成22年)3月25日農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

造営は江戸時代前期との由来であるが定かではない。一級河川由良川の河口部であり若狭湾塩水が逆流するため、河川の水は農業に適さない、このため周辺には多くのため池があり、佐織谷池は建部山の麓に池を造営し、今も16haの灌漑を行っている。

安寿姫塚[編集]

池には、当地の説経節「さんせう太夫」「安寿と厨子王」で知られる安寿姫のお墓がある。

安寿姫は下東の地で亡くなり、村人がこの池の湖畔に葬り、安寿姫塚とし祠を建造し市指定文化財宝篋印塔を建立したと伝わる[2]。 安寿姫の命日には、宵祭りが行なわれ、佐織谷池の周りには100個あまりの提灯や1,000本のフロートキャンドルが浮かぶ[3]

自然[編集]

ため池周辺の里山には、タムシバニオイコブシ等の植物が群生している。またソバの栽培も行われている。

アクセス[編集]

道路[編集]

公共交通機関[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐織谷池 - 農林水産省ため池百選
  2. ^ 舞鶴市文化財目録
  3. ^ 安寿姫塚と建部山

関連項目[編集]

外部リンク[編集]