馬神ため池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
馬神ため池
Umagami-Tameike water reservoir Aerial photograph.1976.jpg
馬神ため池付近の空中写真。1976年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
所在地 山形県朝日町
位置
水面の標高 160 m
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

馬神ため池(うまがみためいけ)は、山形県西村山郡朝日町大谷地区にあるため池である。

2010年(平成22年)3月25日馬神ため池と大谷の郷として農林水産省ため池百選に選定された[1]

概要[編集]

馬神ため池と、江戸末期から昭和期に作られた10個ほどのため池の総称であり、大谷地区、玉ノ井地区の水田約150haの灌漑用水として使用されている。

特に蔵王連峰朝日連峰と里山の風景が一体となり、この地を代表する景観地として有名である。

自然[編集]

ニッコウキスゲヒメサユリスイレン等の自生地であり、池にはメダカも生息・生育している[2]

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 馬神ため池
  2. ^ 朝日町観光協会馬神ため池

関連項目[編集]

外部リンク[編集]