御射鹿池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
御射鹿池
盛夏朝靄の御射鹿池
所在地 長野県茅野市豊平
位置
水面の標高 1,540 m
成因 灌漑用
淡水・汽水 淡水
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
御射鹿池周辺の空中写真。1976年撮影。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

御射鹿池(みしゃかいけ)は、長野県茅野市豊平にあるため池である。面積は約0.1ha[1]、水深は約7m[2]

周辺は八ヶ岳中信高原国定公園に指定されており、2010年(平成22年)3月25日には農林水産省ため池百選に選定された[3]

概要[編集]

池がある横谷渓谷は奥蓼科温泉郷に代表される、酸性の冷鉱泉の影響と1,100mの高地に由来する冷害に苦しんできた。1933年(昭和8年)、ため池として御射鹿池が完成した。流れ込む冷たい水を留め、温めることによって農業用水として使用できるようになった。酸性が強いため魚などは生息できない。

日本画家・東山魁夷1972年(昭和47年)の作品『緑響く』のモチーフとして有名な池である[4]

このため観光客に人気があり、外国人も多く訪れるようになった。茅野市が転落防止用の柵付き歩道や駐車場を整備しているほか、市や地元の笹原観光まちづくり協議会推進事務局などがツアーを実施している[2]

名前の由来[編集]

「御射鹿池」の名は、諏訪大社に伝わる神に捧げるための鹿を射るという神事、御射山御狩神事にその名前の由来があると云われている。諏訪大明神が狩りをする場所として「神野」と呼ばれ神聖な土地であった。

自然[編集]

カモルリイトトンボ[5]蝶々等が生息しており、水辺にはキキョウユリが植栽されている。湖水はpH4前後の強酸性であり、湖底に酸性水を好むチャツボミゴケ[6]が繁茂し、湖面に木々がきれいに映る要因となっている。

アクセス[編集]

道路[編集]

路線バス[編集]

  • 中央本線茅野駅西口バス1番のりばで「奥蓼科渋の湯線」に乗車し、「明治温泉入口」バス停下車[7]

脚注[編集]

  1. ^ 御射鹿池長野県公式観光ウェブサイト さわやか信州旅.net(2018年10月3日閲覧)。
  2. ^ a b 【おもてなし魅せどころ】御射鹿池(長野県茅野市)人が育む神秘のため池『日経MJ』2018年9月9日(観光・インバウンド面)。
  3. ^ 御射鹿池 - 農林水産省ため池百選
  4. ^ «緑響く» 1982年/蓼科高原・御射鹿池”. 長野県信濃美術館東山魁夷館. 2011年6月30日閲覧。
  5. ^ ルリイトトンボ - 宮城県
  6. ^ チャツボミゴケ -六合地区の観光情報-群馬県-中之条町
  7. ^ 御射鹿池へのアクセスについて茅野市(2018年10月3日閲覧)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]