エゾリンドウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エゾリンドウ
Gentiana triflora var. japonica 080910.JPG
2008年9月 福島県会津地方
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: リンドウ目 Gentianales
: リンドウ科 Gentianaceae
: リンドウ属 Gentiana
: ホソバエゾリンドウ G. triflora
変種 : エゾリンドウ var. japonica
学名
Gentiana triflora Pall.
var. japonica (Kusn.) H.Hara
和名
エゾリンドウ

エゾリンドウ(蝦夷竜胆、Gentiana triflora var. japonica)とはリンドウ科リンドウ属多年草である。日本原産で、北海道から本州近畿以北にかけて分布し、山地の湿地帯に生える。ホソバエゾリンドウGentiana triflora)の変種。

特徴[編集]

茎の高さ30~100cm。は茎に対生し、形は披針形で縁はざらつかない。花期は9~10月にかけて。は茎の先端と葉腋につき、栄養状態がよければ数段につく。花冠の長さは4~5cm、日が差すと花が開き、リンドウよりも淡い青紫色の花を咲かせる。

花屋で売られているリンドウは本種の栽培種であることが多い。

エゾオヤマノリンドウGentiana triflora var. japonica subvar. montana)は本種の高山型である。

エゾリンドウを市町村花とする自治体[編集]