エナガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エナガ
エナガ
コウライシマエナガ Aegithalos caudatus caudatus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: エナガ科 Aegithalidae
: エナガ属 Aegithalos
: エナガ A. caudatus
学名
Aegithalos caudatus (Linnaeus, 1758)[2]
和名
エナガ
英名
Long-tailed Tit[2]
Long-tailed Bushtit[3]
亜種
  • A. c. caudatus コウライシマエナガ
  • A. c. rosaceus
  • A. c. europaeus
  • A. c. aremoricus
  • A. c. taiti
  • A. c. irbii
  • A. c. italiae
  • A. c. siculus
  • A. c. macedonicus
  • A. c. tephronotus
  • A. c. tauricus
  • A. c. major
  • A. c. alpinus
  • A. c. passekii
  • A. c. trivirgatus エナガ
  • A. c. kiusiuensis キュウシュウエナガ
  • A. c. magnus チョウセンエナガ
  • 詳細は本文の亜種を参照
Schwanzmeise (Aegithalos caudatus) distribution map.png
各亜種の分布域

エナガ(柄長、学名Aegithalos caudatus)は、スズメ目エナガ科エナガ属に分類される鳥類の一[4][5]。エナガ科は世界で7種類が知られる。

分布[編集]

ユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア日本まで広く分布する[5]

日本では九州以北に留鳥または漂鳥として生息する[5]

形態[編集]

体長は約14 cm[5][6](12.5-14.5 cm)、翼開長は約16 cm[6][7]。体重は5.5-9.5 g。左記体長には長い尾羽を含むので、尾羽を含めない身体はスズメ(体重約24 g[8])と比べるとずいぶん小さい[6]

黒いくちばしは小さく[9]、首が短く丸い体に長い尾羽がついた小鳥である[10]。目の上の眉斑がそのまま背中まで太く黒い模様になっており、翼と尾も黒い。肩のあたりと尾の下はうすい褐色で、額と胸から腹にかけて白い。雌雄同形同色で外観上の区別はできない[5][10]羽毛は薄褐色の初列風切が10枚で野外では黒く見え、次列風切りが6枚で重ねると黒く見え、3列風切が3枚で他の風切羽より褐色味が強く、尾羽は6枚で内側3枚は黒色、外側3枚は黒色に白色の模様が混じる[11]

学名は、長い尾をもつカラ類を意味する[12]和名は極端に長い尾(全長14 cmに対して尾の長さが7-8 cm)を柄の長い柄杓に例えたこと由来し[6]江戸時代には「柄長柄杓(えながひしゃく)」、「柄柄杓(えびしゃく)」、「尾長柄杓(おながひしゃく)」、「柄長鳥(えながどり)」などとも呼ばれていた[8][12]

生態[編集]

おもに平地から山地にかけてのに生息するが[6]、木の多い公園街路樹の上などでもみることができる。山地上部にいた個体が越冬のため低地の里山に降りてくることがある[9]

繁殖期は群れの中につがいで小さな縄張りを持つ[5][13]。非繁殖期も小さな群れをつくるが、シジュウカラヤマガラヒガラメジロコゲラなどの違う種の小鳥と混群することも多い[6]。エナガはその混群の先導を行う[8]。また、非繁殖期にはねぐらとなる木の枝に並列し、小さなからだを寄せ合って集団で眠る習性がある[6]。街中の街路樹がねぐらとなることもあり、ねぐらとなった街路樹は夕方にはたくさんのエナガの鳴き声でザワザワと騒がしくなり木の下にはフンがたくさん落とされることになる。地鳴きで仲間を確認しながら、群れで雑木林の中を動き回る[9]

木の枝先などで小さな昆虫類幼虫クモを食べ、特にアブラムシを好みホバリングしながら捕食することもある[5]。また、種子、木の実なども食べ[5]樹皮から染み出る樹液を吸うこともある[6]

3月ごろから繁殖期に入りつがいとなって、樹木の枝や幹のまたに、クモの糸で丸くまとめた袋状の精巧なを作る[6]。このため巧婦鳥(たくみどり)と呼ばれることもあった[12]。1腹7-12個のを産む。4月には雛が見られることがある[7]。産座には大量の羽毛が敷きつめられる[6]。抱卵期間は12-14日で、日中は雌のみが抱卵し夜は雄も抱卵を行う[6]。雛は14-17日で巣立ちする。つがい以外の繁殖に失敗した雄が育雛に参加することもあり[6][10][14]、シジュウカラの育雛にも参加する例が確認されている[15]。雛が無事に育つ確率は低く、原因は悪天候やカラスイタチヘビに巣の卵や雛が捕食されることなどが主な原因である[16]

さえずりは、「チーチー」、「ツリリ」、「ジュリリ」[6]地鳴きは「チュリリ」、「ジュリリ」[6]猛禽類ハイタカツミモズなどにより捕食されることがあり、これらの外敵を察知すると警戒発声を行う[17]

分類[編集]

亜種[編集]

ユーラシア大陸を横断するように分布するエナガ(Aegithalos caudatus)は、以下の亜種に分類されている[2]。日本には4亜種が分布する。

種の保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)により、2004年からレッドリスト軽度懸念(LC)の指定を受けている[1]。個体数は安定傾向にある[1]

日本の以下の都道府県でレッドリストの指定を受けている[21]

  • 準絶滅危惧(NT) - 東京都北多摩地区[22]
  • 地帯別危惧 - 埼玉県[23]
  • 絶滅の恐れのある地域個体群(LP) - 長崎県(チョウセンエナガ)

エナガ属[編集]

エナガ属(エナガぞく、学名:Aegithalos Hermann, 1804 )は、スズメ目エナガ科に分類される鳥類の一[3]。以下の種が知られている[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Aegithalos caudatus (Long-tailed Bushtit, Long-tailed Tit) in IUCN Red List of Threatened Species. Version 2014.3” (英語). 国際自然保護連合(IUCN). 2015年2月4日閲覧。
  2. ^ a b c d IOC World Bird List 3.5 (Old World Warblers)” (英語). 国際鳥類学会議(IOC). 2013年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c Aegithalos Hermann, 1804” (英語). ITIS. 2012年10月25日閲覧。
  4. ^ 日本鳥類目録 改訂第7版”. 日本鳥学会 (2012年9月15日). 2013年10月24日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 叶内 (2006)、520頁
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 中川 (2010)、204頁
  7. ^ a b 叶内 (2006/3)、158頁
  8. ^ a b c d e 大橋 (2007)、34-35頁
  9. ^ a b c 高木 (2000)、110-111頁
  10. ^ a b c d 真木 (2012)、213頁
  11. ^ 高田 (2008)、73頁
  12. ^ a b c 国松 (1995)、142頁
  13. ^ 中村 (1972)、464頁
  14. ^ 上野 (2001)、83頁
  15. ^ 生田 (1989)、282-283頁
  16. ^ 赤塚 (2005)、51-57頁
  17. ^ 赤塚 (2005)、63頁
  18. ^ 新鞍彩子 (2005年8月28日). “エナガの亜種にみられる形態的変異 (PDF)”. 日本進化学会. pp. 120. 2013年10月25日閲覧。
  19. ^ a b c 叶内 (2006)、521頁
  20. ^ 黒田長礼(1889-1978)鳥類学者 or 黒田徳米(1886-1987)貝類学者
  21. ^ 日本のレッドデータ検索システム「エナガ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2015年2月4日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  22. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 50 (2010年). 2013年10月24日閲覧。
  23. ^ 埼玉県レッドデータブック2008動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 104 (2008年). 2013年10月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 赤塚隆幸「エナガの卵や巣内ビナの捕食者 (PDF) 」 、『野外鳥類学論文集 Strix』第23巻、日本野鳥の会、2005年、 NAID 40006706765
  • 赤塚隆幸「冬期のエナガの捕食者とそれに対する警戒反応 (PDF) 」 、『野外鳥類学論文集 Strix』第23巻、日本野鳥の会、2005年、 NAID 40006706766
  • 生田実「シジュウカラとエナガの共同育雛」、『野外鳥類学論文集 Strix』第8巻、日本野鳥の会、1989年。
  • 上野吉雄、佐藤英樹「広島県沿岸部におけるエナガ Aegithalos caudatus のつがい形成と冬季群形成」、『日本鳥学会誌』第50巻第2号、日本鳥学会、2001年5月31日、 NAID 10007421554
  • 大橋弘一 『庭で楽しむ野鳥の本』 山と溪谷社、2007年11月1日。ISBN 978-4635596190
  • 叶内拓哉、安部直哉 『山溪ハンディ図鑑7 日本の野鳥』 山と溪谷社、2006年10月1日、第2版。ISBN 4635070077
  • 叶内拓哉 『絵解きで野鳥が識別できる本』 文一総合出版、2006年3月。ISBN 978-4829901717
  • 国松俊英 『名前といわれ 日本の野鳥図鑑1 野山の鳥』 偕成社、1995年4月。ISBN 4035293601
  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥III』、平凡社1986年、158頁。
  • 高木清和 『フィールドのための野鳥図鑑-野山の鳥』 山と溪谷社、2000年8月。ISBN 4635063313
  • 高田勝、叶内拓哉 『野鳥の羽ハンドブック』 文一総合出版、2008年11月11日。ISBN 978-4829910146
  • 『ひと目でわかる野鳥』 中川雄三(監修)、成美堂出版、2010年1月。ISBN 978-4415305325
  • 中村登流「エナガの個体群の行動圏構造II 繁殖期の行動圏とテリトリアリズム」、『山階鳥類研究所研究報告』第6巻5-6、山階鳥類研究所、1972年12月、 NAID 40018555668
  • 真木広造 『名前がわかる野鳥大図鑑』 永岡書店、2012年4月10日。ISBN 978-4522430866

関連項目[編集]

外部リンク[編集]