ヤブサメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヤブサメ
ヤブサメ
ヤブサメ Urosphena squameiceps
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ウグイス科 Sylviidae
: ヤブサメ属 Urosphena
: ヤブサメ U. squameiceps
学名
Urosphena squameiceps
(Swinhoe, 1863)
和名
ヤブサメ
英名
Asian stubtail

ヤブサメ(藪雨/藪鮫、学名:Urosphena squameiceps)は、スズメ目ウグイス科に分類される鳥類[1]

分布[編集]

タイ韓国北朝鮮中国日本ベトナムミャンマーラオスロシア東部

夏季は中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季は東南アジアで越冬する冬鳥。日本では夏季に繁殖のため飛来する(夏鳥)。

形態[編集]

全長10.5cm。全身は淡褐色の羽毛で覆われる。

頭部の羽毛は暗褐色で、眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は明色で明瞭。嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く筋状の斑紋(過眼線)は黒い。尾羽は短い。

生態[編集]

森林や藪等に生息する。鳴き声は高く、日本語圏では「シシシ・・・」と聞こえる。

食性は動物食で、昆虫類節足動物等を食べる。

繁殖形態は卵生で、木の根元等に落ち葉等を組み合わせたお椀状の巣を作り卵を産む。

人間との関係[編集]

森林や藪に潜んでいることが多く、見かける事は少ない。そのため鳴き声により存在に気づかされることもある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 山形則男・吉野俊幸・五百澤日丸=写真、五百澤日丸・山形則男=解説『新訂 日本の鳥550 山野の鳥』文一総合出版、2014年、189頁。ISBN 978-4829984000
  • 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社、1984年、31頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館、2002年、92頁。

外部リンク[編集]