深谷駅 (滋賀県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深谷駅(ふかたにえき)は、かつて滋賀県米原市(当時の坂田郡伊吹村)の東海道本線の旧線上に存在した廃駅)である。

概要[編集]

1883年明治16年)の開業当初、東海道線は関ヶ原から長浜に向かっていたが、その線上にあった駅である。1889年(明治22年)、同線の途中(当駅のあった位置)から分岐して、長岡(現在の近江長岡)から米原を経由して馬場(現在の膳所)に至る延長線が開業した。その際、分岐点から長浜までの間は休止となったが、1891年(明治24年)に同区間が貨物線として営業を再開した際に、長岡へ向かう本線との分岐点に新設された貨物駅である。この分岐点は現在の国道365号大野木交差点である。道路転用されて久しいが、線形などが鉄道分岐点の雰囲気をよく残している。

しかし、関ヶ原 - 深谷間は25‰の急勾配が連続するうえ、冬季の積雪も多い難所であったため、1899年(明治32年)に現在の柏原経由の勾配緩和新線が建設されて、本線はそちらに変更された。それにともなって、関ヶ原 - 深谷 - 長岡間、深谷 - 長浜間の旧線は廃止されることとなり、当駅もそれと運命をともにしたのである。

歴史[編集]

  • 1883年(明治16年)5月1日 - 関ヶ原 - (深谷) - 長浜間開業。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - (深谷) - 長岡 - 米原 - 馬場間延長線開業。(深谷) - 長浜間休止。
  • 1891年(明治24年)1月12日 - 分岐点に貨物駅として開業。深谷 - 長浜間貨物線として運行再開。
  • 1896年(明治29年)11月?日 - 閉鎖。
  • 1899年(明治32年)10月15日 - 関ヶ原 - (柏原) - 長岡間新線開業。
  • 1899年(明治32年)12月28日 - 関ヶ原 - 深谷 - 長岡、深谷 - 長浜間廃線により廃駅

隣の駅[編集]

官設鉄道
東海道本線(通称・長浜関ヶ原線)
関ヶ原駅 - 深谷駅 - (春照駅) - (上阪駅) - 長浜駅
※ 当駅の開業時点で春照駅、上阪駅とも廃止済。
東海道本線(新線)
深谷駅 - 長岡駅

参考文献[編集]

  • 宮脇俊三 編著「鉄道廃線跡を歩くIII」1997年、JTB、ISBN 4-533-02743-1
  • 石野哲 編「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」1998年、JTB、ISBN 4-533-02980-9