東海旅客鉄道静岡支社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静岡駅南口駅前広場に面する東海旅客鉄道静岡支社

東海旅客鉄道静岡支社(とうかいりょかくてつどうしずおかししゃ)は、静岡県静岡市にある東海旅客鉄道(JR東海)東海鉄道事業本部の所属支社。旧国鉄静岡鉄道管理局の流れを汲んでいる。

なお当記事では、配下の各乗務員区所についても併せて記述する。

支社所在地[編集]

静岡県静岡市葵区黒金町4番地(JR静岡駅南口ロータリー西側)

管轄路線[編集]

静岡県を中心に山梨県神奈川県の一部を管轄する。

路線

組織境界はいずれも場内信号機などと一致するため、該当停車場(駅・信号場など)を境界駅として扱う。なお、◇が付いた路線は全線が管理区間内に入っている路線である。

路線名 区間 備考
東海道新幹線 三島駅静岡駅掛川駅浜松駅[1] 左記4駅の駅運転・営業業務のみ担当
列車運行・線路設備管理は新幹線鉄道事業本部の管轄
東海道本線 熱海駅[2] - 新所原駅(熱海駅構内除く)  
御殿場線 国府津駅[3] - 沼津駅(国府津駅構内除く)  
身延線 富士駅 - 甲府駅[4](甲府駅構内除く)  

なお、旧国鉄静岡鉄道管理局との相違点は次のとおり。

  • 身延線金手駅 - 甲府駅間は東京西局管内
  • 東海道本線は豊橋駅構内までが静岡局管内
  • 飯田線は全線静岡局管内(ただし辰野駅構内は長野局)

駅長配置駅[編集]

JR東海は主要駅に駅長を配置して、その周辺の駅を管轄する管理駅としている。静岡支社管内の駅長配置駅とその管轄範囲( )は次の通り。

指令所[編集]

  • 静岡総合指令所

車両基地[編集]

乗務員区所[編集]

当支社の配下にある、運転士及び車掌の所属する部署を掲げる。

静岡運輸区を除く各運輸区に電留線があり車両基地としての役割も兼ねるが、車両の配置は無く折り返し列車などの整備や留置の機能のみとなっている。

静岡運輸区[編集]

静岡市内に所在。2001年平成13年)4月1日に静岡運転所の乗務員部門(車両部門は静岡車両区に分離)と静岡車掌区が統合して発足した。

乗務範囲[編集]

2015年平成27年)3月14日より「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲」の担当車掌が各旅客会社内完結に変更となったことに伴い同日より浜松駅 - 熱海駅間の上り列車の乗務を担当している[5]。JR東海の車掌の定期寝台特急への乗務は分割民営化後初めてのこととなる。

富士運輸区[編集]

富士市富士駅の西方1kmほどの場所にあり、同駅と構内側線で結ばれている。

歴史[編集]

  • 1987年3月1日 - 民営化を前にした国鉄車両基地呼称変更で富士電車区から富士運転区に改称[6]

沼津運輸区[編集]

沼津駅から東に500mのところに留置線がある。

歴史[編集]

  • 1987年3月1日 - 民営化を前にした国鉄車両基地呼称変更で沼津機関区から沼津運転区に改称[6]

浜松運輸区[編集]

解体待ちのため、浜松運輸区の一角に留置される117系電車119系電車

浜松市に所在し、日本貨物鉄道(JR貨物)西浜松駅の北側に隣接している。

構造[編集]

浜松駅西側から分岐する引き上げ線で本線と接続し、12本の電留線・入出区線・機回線・機関車検修庫などで構成されている。最も北側の授受線は伊場遺跡公園内を経て、浜松工場の構内に通じている。この授受線は浜松駅の高架化事業の際に建設されたものである。同時に廃止された元の引込み線跡は、その後「掘溜ポッポ道」という遊歩道に整備されている。その後浜松工場が新幹線車両の検修に特化するために在来線車両の検修作業を取り止めたため、浜松工場内に繋がる引込線は廃止撤去された。

通常使用されるのは電留線のみで、浜松駅で折り返す列車の仕業検査や清掃作業、夜間滞泊に充てられている。それ以外は休車中の車両の留置線として使われることが多く、廃車解体を待つ車両も留置される。

乗務範囲[編集]

2015年(平成27年)3月14日より「サンライズ瀬戸」・「サンライズ出雲」の担当車掌が各旅客会社内完結に変更となったことに伴い、同日より下り列車の熱海駅-浜松駅間で乗務を担当している[7]。JR東海の車掌の定期寝台特急への乗務は分割民営化後初めてのこととなる。

歴史[編集]

日本国有鉄道(国鉄)時代の浜松機関区、浜松客貨車区を前身とする。過去の浜松機関区には蒸気機関車EF58形EF60形電気機関車などが多数配置され、東海道本線山陽本線の長距離列車を中心に運用されていた。お召し列車牽引専用のEF58 60(後にお召し指定解除、お召し予備機となる)も終始、当機関区の配置であった。昭和59年のEF58形の配置終了後は、下関運転所に転属したEF62形が配備されたが、郵便・荷物列車の廃止に伴い姿を消すこととなった。この時点で浜松機関区配置の機関車は皆無となっている。 国鉄分割民営化直前までにこれらの機関車が全廃され、もっぱら留置のみとなっている。かつての所属略号は「浜」であった。廃止となった浜松機関区の検修庫は近年まで存置されていたが、後にすべて撤去され、跡地は廃車となった車両の解体場となっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年4月1日までは東海道新幹線単独駅である新富士駅も対象であった。
  2. ^ 熱海駅構内は、在来線部分がJR東日本横浜支社、東海道新幹線部分が新幹線鉄道事業本部の管轄。JR東日本との鉄道資産上の境界は、伊東線との列車運行上の分岐点である来宮駅(伊東線単独駅)の上り場内信号機であるが、営業上は熱海駅を境界としている。
  3. ^ 国府津駅構内はJR東日本横浜支社の管轄。JR東日本との鉄道資産上の境界は同駅の上り第1場内信号機であるが、営業上は国府津駅を境界としている。
  4. ^ 甲府駅構内はJR東日本八王子支社の管轄。JR東日本との鉄道資産上の境界は同駅の上り第1場内信号機であるが、営業上は甲府駅構内を境界としている。
  5. ^ 「鉄道会社はややこしい」 - 光文社、2016年9月8日発行
  6. ^ a b 鉄道ジャーナル』第21巻第12号、鉄道ジャーナル社、1987年10月、 63頁。
  7. ^ 「鉄道会社はややこしい」 - 光文社、2016年9月8日発行

関連項目[編集]