シンデレラ・エクスプレス (CM)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

シンデレラ・エクスプレスとは、東海旅客鉄道(JR東海)が1987年1992年に展開していた東海道新幹線CMである。

制作は電通TYO

概要[編集]

1987年夏に第1作が制作された。松任谷由実のアルバム『DA・DI・DA』(1985年リリース)の収録曲の一つである「シンデレラ・エクスプレス」をモチーフとし、東京新大阪行き最終列車「ひかり289号」(当時)の出発時刻である21時ちょうどを、童話のシンデレラで主人公が舞踏会に行くための魔法の解ける午前0時に見立て(新幹線の営業運行も0時で終了するようダイヤが組まれている)、離れ離れに暮らす恋人たちが週末に出会い、再び別れていく日曜日の夜の新幹線ホームで繰り広げる恋のドラマを描いたものであった。

撮影は、列車運行が終了した深夜の東京駅ホームを使い、100系電車を数回往復させて行われた。ホームには一部布が敷かれ、スモークも発生させるなど、大掛かりな撮影となった。

このCMが放送されると、実際に恋人たちが新幹線で週末に相手のもとに会いに行き、最終の新幹線のホームで再び別れる姿[注 1]が各メディアで注目されるようになり、現実に各車両の出入口毎に1組のカップル、という状況も見られた。JR東海も、該当列車となるひかり289号に当時最新型であった100系を優先的に充当させる[注 2]など、これに応じている。

1992年には東京発新大阪行き最終が21:18発「のぞみ303号」(当時)に変わったことにより、5年ぶりに作成されている。このバージョンではのぞみに用いられた300系が用いられている(一連のエクスプレスシリーズCMで唯一の登場)。

このCMの好評を受け、JR東海は東海道新幹線をモチーフとした一連の「エクスプレス」シリーズを制作。本作の後「アリスのエクスプレス」「プレイバック・エクスプレス」「ハックルベリー・エクスプレス」「ホームタウン・エクスプレス」「クリスマス・エクスプレス」「ファイト・エクスプレス」「リニア・エクスプレス」と続いたが、1992年にシリーズを終了している(2000年に「クリスマス・エクスプレス2000」で1年限りの復活を果たしている)。

制作の経緯[編集]

このCMは、国鉄分割民営化により誕生したJR東海の最初の企業広告として、競合プレゼンテーションにより電通の三浦武彦らが提案した案が採用されたものであった[1]。三浦は「新幹線は(人と人が出会う、町と町を結ぶ)コミュニケーションメディアである」というコンセプトを掲げ、このコンセプトを元に、当時の日曜午後9時東京発の最終「ひかり」をモチーフとした遠距離恋愛物語のシナリオを描いたものであった[1]。このメインコンセプトは、以後の「エクスプレス」シリーズのCMにも貫かれているという[2]

このシナリオのきっかけとなったのは、1985年に「日立テレビシティ」(TBS)で放送されたドキュメンタリー『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』である[3]。これは複数のCMディレクターにより制作されたオムニバス形式のドキュメンタリーで、東京発最終列車「ひかり313号」を舞台に、遠距離恋愛のカップルが東京での週末を過ごす様子と、東京駅での別れの場面を撮影したものであった。この番組を、当時の国鉄経営企画室の人物が偶然見ており、「ああいう感じのCMをつくりたい」と話したことで、前述のようなシナリオにつながったという[3]

このときのドキュメンタリーの制作を担当したCMディレクターの一人に、松任谷由実の舞台演出が手がけていた黒田明がいた縁で、松任谷に番組オリジナルの楽曲の制作を依頼し、CMでも用いられた「シンデレラ・エクスプレス」が誕生している(「シンデレラ・エクスプレス」のネーミングも松任谷の発案によるものであるという[2])。またこのときには、わたせせいぞうの漫画『ハートカクテル』とのコラボレーション企画(いわゆるメディアミックス)も実現させており[2]日本テレビ系のテレビアニメ版でも放送された。

出演者[編集]

その他[編集]

このCMの前年である1986年9月21日には、「東芝日曜劇場」の第1550回として『週末物語 シンデレラ・エクスプレス』(森田芳光脚本、岩城滉一荻野目慶子主演)という単発のテレビドラマが、毎日放送の制作によりTBS系列で放送されていた。こちらも離れ離れに暮らす男女の遠距離恋愛がテーマとなっており、主題歌も同じく松任谷由実「シンデレラ・エクスプレス」を起用している(大阪を舞台としているため、新大阪発最終列車「ひかり170号」がドラマの中心となっている)[4]

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ この状況自体は、制作の経緯節にもあるように、CMよりも前から存在していた。
  2. ^ ひかり289号への100系充当は当初は日曜のみで、折りたたみ時刻表にも「シンデレラ・エクスプレス」と記載された。100系充当後は、ひかり289号の東京 - 新大阪間の所要時間が当時最速の2時間49分となった。

出典[編集]

参考文献[編集]

三浦武彦早川和良 『クリスマス・エクスプレスの頃』 高嶋健夫日経BP企画2009年ISBN 978-4-86130-374-6

関連項目[編集]