新幹線メンテナンス東海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新幹線メンテナンス東海株式会社
Shinkansen Maintenance Tokai Co., Ltd.
Nihombashi Hirose Building Signboard.JPG
本社が入居する日本橋ヒロセビル
種類 株式会社
略称 SMT
本社所在地 日本の旗 日本
103-0027
東京都中央区日本橋三丁目1番17号
日本橋ヒロセビル5F
設立 1999年平成11年)4月
業種 サービス業
法人番号 6010001045582 ウィキデータを編集
事業内容 車両整備、駅舎管理など
代表者 代表取締役社長 工藤純生
資本金 4億5,575万円
売上高 105億円(2013年3月期)
純利益 1億7218万4000円(2019年03月31日時点)[1]
純資産 82億8813万9000円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 100億7156万8000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 2,055名(2015年1月1日現在)
決算期 3月
主要株主 JR東海
外部リンク https://www.smt-jp.co.jp/
テンプレートを表示

新幹線メンテナンス東海株式会社(しんかんせんメンテナンスとうかい、: Shinkansen Maintenance Tokai Co., Ltd.)は、東京都に本社を置く東海旅客鉄道(JR東海)のグループ会社。

概要[編集]

新幹線など車両の整備作業からビルメンテナンス、窓口での乗車券発売及び旅客案内まで手がける総合サービス企業である。

事業所[編集]

  • 大井日勤事業所、大井夜勤事業所 - おもに東京仕業検査車両所での新幹線の折り返し整備作業、特別清掃作業。
  • 東京列車事業所 - おもに東京駅での新幹線の折り返し清掃と整備作業。
  • 三島事業所 - おもに三島車両所での新幹線の整備作業。ただし、日中帯の入庫がほとんどないため夜間作業中心。
  • 東京旅客事業所 - 東京駅一番街等のビルクリーニング
  • 品川旅客事業所
  • 東京ファシリティ事業所 - 旧東京ターミナル事業所と旧東京ビル事業所が2013年7月1日に統合。丸の内中央ビル等のビルクリーニング。
  • 品川ファシリティ事業所 - 旧品川ターミナル事業所と旧品川ビル事業所が2013年7月1日に統合。JR東海品川ビル等のビルクリーニング。
  • 新横浜ファシリティ事業所 - 旧新横浜ターミナル事業所と旧新横浜ビル事業所が2013年7月1日に統合。
  • 小田原ファシリティ事業所 - 旧小田原ターミナル事業所と旧熱海ターミナル事業所が2013年7月1日に統合。(熱海は派出化)
  • ポーラ美術館事業所
  • 研修センター事業所
  • その他

特記事項[編集]

2020年春のダイヤ改正は東京オリンピックパラリンピックの開催に伴う訪日外国人旅行者の増加を見据え、東海道新幹線では「のぞみ」の運行本数を1時間あたり2本増やし最大で1時間あたり12本を運行し、「ひかり」と「こだま」を含めると1時間に17本が走ることになる。この過密な運行のやり繰りのため、新幹線メンテナンス東海が実施する東京駅折り返し運転前に行われる車内清掃作業の簡素化・効率化およびブラッシュアップにより、最速約12分要していた作業時間を約2分短縮することで増発運行を支えることになる[2]

労働組合[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]