名古屋セントラル病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 名古屋セントラル病院
Nagoya Central Hospital 110222.jpg
情報
英語名称 NAGOYA CENTRAL HOSPITAL
前身 国鉄名古屋鉄道病院

JR東海総合病院
許可病床数

198床


一般病床:198床
機能評価 一般100床以上200床未満:Ver5.0
開設者 東海旅客鉄道株式会社
管理者 中尾昭公(院長)
所在地
453-0801
位置 北緯35度9分56.15秒
東経136度52分45.93秒
二次医療圏 名古屋
PJ 医療機関
テンプレートを表示

名古屋セントラル病院(なごやセントラルびょういん)は、愛知県名古屋市中村区にある東海旅客鉄道(JR東海)が経営する病院

沿革と特徴[編集]

国鉄名古屋鉄道病院を前身とし、1989年平成元年)からはJR東海総合病院、その後道を挟んだ反対側に新築・移転し、名称を「名古屋セントラル病院」として2006年(平成18年)7月に開院した。

アジア地域で初めての導入となるMRI手術室設備(脳神経外科手術)を完備している。全室個室。また、近郊には名古屋第一赤十字病院がある。

診療科目[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]