麁玉郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
静岡県麁玉郡の範囲

麁玉郡(あらたまぐん)は、静岡県遠江国)にあった

郡域[編集]

1879年明治12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、現在の行政区画では概ね浜松市浜北区の一部(新原・宮口・灰木・大平・堀谷・三大地・四大地)にあたる。

歴史[編集]

古代より近代まで存在した郡で、古代の藤原京出土木簡に「荒玉評」を確認することができることから、国郡制施行以前から評制が行われていたと考えられる。新原宮口、根堅、内野、高根山の各古墳群の存在からわかるように、大化以前より開発が行われていたと考えられる。万葉集には当郡出身の防人、若倭部身麻呂による句(巻20)と、当郡を指すと考えられる「あらたまの伎倍」という言葉が入った句(巻11・14)の2つ存在している。江戸時代には遠州諸藩領、他国諸藩飛地領、旗本領寺社領があり複雑化していた。1887年(明治20年)の時点で、戸数746戸、人口3,649人であった。

近代以降の沿革[編集]

  • 旧高旧領取調帳」に記載されている明治初年時点での支配は以下の通り。●は村内に寺社領が、○は寺社等の除地(領主から年貢免除の特権を与えられた土地)が存在。(6村)
知行 村数 村名
幕府領 幕府領 1村 伝右衛門新田
旗本領 2村 ○新原村、●宮口村
藩領 陸奥白河藩 3村 ○灰木村、○大平村、○堀谷村
11.麁玉村(紫:浜松市 1 - 8は引佐郡 21・22は敷知郡 → 引佐郡)

変遷表[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- 1896年
次代:
引佐郡