白須賀宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歌川広重『東海道五十三次・白須賀』

白須賀宿(しらすかしゅく、しらすかじゅく)は、東海道五十三次の32番目の宿場である。現在の静岡県湖西市白須賀。遠江国最西端で、且つ、現在の47都道府県でも静岡県最西端の宿場町である。西の加宿境宿で売られていた柏餅は、白須賀宿の名物として有名だった。

歴史[編集]

元々は海岸近くにあったが、宝永4年(1707年)に発生した宝永地震津波により大きな被害を受けたため、その後潮見坂の上の高台にある現在地に移された[1][2]天保年間の記録では旅籠が27軒と、宿場としては中規模である。

宿場が廃止された後の1889年白須賀町が成立、1955年に湖西町(現在の湖西市)に編入された。

明治東海道本線敷設では、東の新居宿静岡県湖西市新居町)から白須賀宿へ至る潮見坂の勾配が蒸気機関車運転の障害となり、浜名湖沿岸の鷲津経由となったため、街の発展はなく、現在も一部に当時の家並みや面影を残している。

最寄り駅[編集]

JR鷲津駅より湖西市自主運行バス遠鉄バス)20分 (土日祝と年末年始はバス運休のためタクシーを利用)

史跡・みどころ[編集]

東海道宿駅開設400年を記念して設置された、白須賀宿に関する資料を展示する施設。入館無料。
  • 火防樹

隣の宿[編集]

東海道
新居宿 - 白須賀宿 - 二川宿

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 都司嘉宣(2011) (PDF) 都司嘉宣, 今井健太郎, 行谷佑一, 矢沼隆, 今村文彦(2011): 静岡県での宝永地震(1707)の津波浸水高, 日本地球惑星科学連合2011年大会講演要旨,HDS026-01.
  2. ^ 『白須賀町誌』