府中宿 (東海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歌川広重『東海道五十三次・府中』
背後の山は徳願寺山とみられる[1]
府中宿の位置(静岡県内)
府中宿
府中宿
位置

府中宿(ふちゅうしゅく、ふちゅうじゅく)は、東海道五十三次の19番目の宿場である。街は城下町である駿府の一角を成していた。現在の行政区画では静岡市葵区に属する。

概要[編集]

徳川家康のお膝元であり、旧東海道はJR静岡駅の北側に位置する駿府城との間を抜け、安倍川に至る。川の手前の西見付がかつてあった弥勒辺りには、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」に登場する安倍川餅を売る売店が存在する。

日本遺産[編集]

2020年(令和2年)6月19日、「府中宿(駿府九十六ヶ町)」として、安倍川餅と共に文化庁文化財保護制度日本遺産」のストーリー『日本初「旅ブーム」を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅~滑稽本と浮世絵が描く東海道旅のガイドブック(道中記)~』の構成文化財の1つに認定された[2]

最寄り駅[編集]

JR東海道本線東海道新幹線 静岡駅

隣の宿[編集]

東海道
江尻宿 - 府中宿 - 鞠子宿

注釈[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯34度58分29.0秒 東経138度23分16.0秒 / 北緯34.974722度 東経138.387778度 / 34.974722; 138.387778