新居宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歌川広重『東海道五十三次・荒井』

新居宿(あらいしゅく、あらいじゅく)旧名「荒井宿」は、東海道五十三次江戸側から数えて31番目の宿場。現在の静岡県湖西市で、旧国名は遠江国

尚、読み方は同一であるが、旧来の地名が「荒井」で、現在の地名が「新居」である。明治期以降に字体が改められた。 元々「荒井」の呼び名は、地震に伴う津波や台風に因る水害が多く、"荒"を台風等を意味し"井"が浜名湖や遠州灘を表す事から、"荒井"と呼ばれる様になった。別名では、「荒江」とも言われたらしい。

東海道の中で、ここ新居関所のみ関所が、陸の関所であると同時に海の関所も兼ねていた。

浜名湖と遠州灘がつながる開口部にある為、かつては『今切の渡し』と呼ばれる渡し舟で、約6キロ離れた対岸の舞阪宿と結ばれていた。こうした地形を自然の要害と考えた徳川家康は、慶長5年(1600年)に渡船場に関所を設置して、『入り鉄砲と出女』を水際で厳しく取り締まることにした。もともと舞阪と新居は陸続きにあり、明応・永世年間(1492~1521)の地震などによって、浜名湖の地峡が決壊して『今切』と言う開口部が出来た。その後、宝永4年(1707)に大地震が起こり、新居宿や渡船は大きな被害を受けるようになった。これを機に迂回路として使われるようになったのが姫街道

度重なる地震津波の被害により、関所のみならず宿場そのものが何度か移転している。現在の位置に落ち着いたのは、宝永4年(1707年)のことである。

関所の建物が、明治時代まで残り、その後学校に転用されたりしながら、保存され、今日も現存。周囲を発掘調査中で、いずれ、江戸時代関所の全容が復元される見込み。

現在、新居宿に残っている関所の建物は、安政2年(1855年)に再建されたもので、日本に唯一現存する関所の建物として国の特別史跡に指定されている。

宿場の歴史・文化の資料館が、関所に隣接している。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ[編集]

  • 新居関所・新居関所史料館
  • 旅籠紀伊国屋 : 新居宿では最大規模を誇った老舗旅館。紀州藩の御用宿であり、浪花講など各種の講の定宿であった。現在、資料館として保存、公開されている。
  • 一里塚跡
  • 棒鼻跡
  • 風炉の井

隣の宿[編集]

東海道
舞阪宿 - 新居宿 - 白須賀宿