鞠子宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
歌川広重「東海道五十三次・鞠子」(初版では「丸子」と表記)[1]

鞠子宿(まりこしゅく、まりこじゅく)は、東海道五十三次の20番目の宿場である。丸子とも書く。現在の静岡県静岡市駿河区丸子で、最寄り駅は東海道線安倍川駅

概要[編集]

東海道中でもっとも小さい宿場で、天保14年(1843年)の記録によると、家の数は211軒、旅籠は24軒であったという。東海道伝馬制の制定により、丸子が宿場町となったのは、関ヶ原の戦いの翌年の1601年で、江戸から数えて20番目の宿場町であった。

となりの岡部宿藤枝市)との間の宇津ノ谷(静岡市駿河区)には昔の街並が、付近には源氏今川氏徳川氏ゆかりの史跡が残る。安倍川の丸子橋近くには、高札場の跡があり、宿場町に現存する高札のレプリカが立っている。

名物はとろろ汁で、歌川広重が「東海道五十三次」に描いた丁子屋は有名である。広重の鞠子宿の浮世絵はクロード・モネの連作「積みわら」に構図やグラデーションの使い方など影響を与えた。また、松尾芭蕉も「梅若葉丸子の宿のとろろ汁」という句を詠んでいるほか、十返舎一九は「東海道中膝栗毛」の丸子のシーンでとろろ汁を作中に取り入れている。

丁子屋[編集]

丁子屋

歌川広重が描いた丁子屋では、現在もとろろ汁を食することができる。本陣跡から西へ3分ほど歩いたところにある。

丁子屋が創業したのは、戦国時代末期の1596年で、以来400年間場所を変えずに営業している。当初はお茶屋であったと言われる。丁字とは、当時貴重品であった香辛料のクローブのことである。

所在地は、静岡市駿河区丸子七丁目10-10。建物は1970年(昭和45年)に移築されたものである。

隣の宿[編集]

東海道
府中宿 - 鞠子宿 - 岡部宿

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、鞠子宿に関するカテゴリがあります。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 丸子 名物茶屋

参考文献[編集]

座標: 北緯34度56分57秒 東経138度20分34秒 / 北緯34.949125度 東経138.342890度 / 34.949125; 138.342890