水口宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歌川広重『東海道五十三次・水口』
東海道分間延絵図(1806年)に描かれている水口宿

水口宿(みなくちしゅく、みなくちじゅく)は、近江国甲賀郡にあった東海道五十三次の50番目の宿場である。現在は滋賀県甲賀市水口町旧市街。

石橋を境に、東側は道が三筋に分かれた宿場町、西側は水口城城下町で道が鍵の手になっていた。室町時代に宿駅の機能を有するようになった[1]

1601年に宿駅に指定された[1]1634年に水口城が築かれ、1682年水口藩が成立して城下町にもなった[1]

1843年の「東海道宿村大概帳」によると、家数692軒、人口2692人、本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠屋41軒を数えた。本陣は作坂町の鵜飼伝左衛門家、天王町の儀峨彦之丞家と堤文左衛門家があった[1]

最寄り駅[編集]

近江鉄道本線 水口石橋駅

史跡・みどころ[編集]

現在の街並。石橋の東で三筋に分かれているのが見える(2008年11月)
  • 東見付跡
  • 本陣跡
  • 高札場跡
  • 問屋場跡
  • からくり時計
  • 石橋
  • 水口城
    水口城資料館がある。城跡は滋賀県指定史跡
  • 甲賀市水口歴史民俗資料館
    水口図書館に併設。曳山祭や宿場に関連した展示がある。
  • 力石
    小坂町の曲がり角にある。江戸時代から知られていて、浮世絵師国芳が錦絵の題材に使っている。
  • 真徳寺
    表門は、水口城内の家臣屋敷の長屋門を移築したもの。
  • 林口一里塚跡
    五十鈴神社の境内にある。

石部宿までの史跡・見どころ[編集]

  • 柏木神社
    中世は柏木庄の鎮守であった。中世後期に山中・伴・美濃部の柏木三家の崇敬を受けた。
  • 北脇縄手
    東海道の整備で、曲がりくねった道が直線状に改修された。かつては両側の土手に松並木があり、美しい景観が保たれていた。
  • 柏木公民館
    東海道を記念する鐘楼のモニュメントがある。
  • 泉一里塚跡
    改めて整備されたもので、元は現在地より野洲川よりにあった。
  • 横田渡
    1891年から1929年に架けられていた板橋と横田渡の常夜燈
    かつては仮橋あるいは船での渡りだった。東海道十三の渡しの一つに数えられている]][2]。目印として1822年に万人講によって建てられた高さ10.5mの巨大な常夜燈があり、現在は史跡公園として整備されている(滋賀県指定史跡「旧東海道横田渡跡」)。甲賀市と湖南市の市境あたり。
  • 天保義民の丘
    天保13年(1844年)に過酷な検地に対して一揆(近江天保一揆)を起こし処刑された農民たちをたたえる「天保義民の碑」がある。明治31年(1898年)に建立された。三雲村。現在の、湖南市三雲。
  • 大砂川隧道(東側坑門)
    1877年に起工、1884年に完成。滋賀県下最初の道路トンネルで「吉永まんぽ」とも呼ばれる。切石造のきれいなアーチ断面を持つ。
  • 弘法杉
    東海道が下をくぐる天井川大沙川の堤上にある。幹の周囲6m、樹高26m、樹齢750年程度。弘法大師がこの地で昼食をとり、使った杉の箸を刺したところ、成長して大杉になったと伝えられる。2本並んでいたが、1本は1773年の大風で倒れた。
  • 由良谷川隧道(西側坑門)
    1886年に完成。切石造のきれいなアーチ断面を持つ。
  • 北島酒造
    江戸時代から続く老舗の蔵元。針村。現在の湖南市針。

宿場の名物[編集]

ゆかりの人々[編集]

  • 松尾芭蕉
  • シーボルト - 「江戸参府紀行」に水口のことを書いている。
  • 巌谷一六 - 書家。明治の三筆のひとり。
  • 巌谷小波 - 作家(児童文学)。お伽ばなしの制作、普及につとめた。巌谷一六の子。

隣の宿[編集]

東海道
土山宿 - 水口宿 - 石部宿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 近江東海道を歩く. サンライズ出版. (2010年5月10日). 
  2. ^ 図説・近江の街道. 郷土出版社. (1994-07-26). p. 52. 

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、水口宿に関するカテゴリがあります。

甲賀市観光ガイド”. 2014年7月11日閲覧。