水口宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歌川広重『東海道五十三次・水口』

水口宿(みなくちしゅく、みなくちじゅく)は、東海道五十三次の50番目の宿場である。現在は滋賀県甲賀市

石橋を境に、東側は道が三筋に分かれた宿場町、西側は水口城の城下町で道が鍵の手になっていた。

最寄り駅[編集]

近江鉄道本線 水口石橋駅

史跡・みどころ[編集]

現在の街並。石橋の東で三筋に分かれているのが見える(2008年11月)
  • 東見付跡
  • 高札場跡
  • 問屋場跡
  • からくり時計
  • 水口城
    水口城資料館がある。滋賀県指定史跡名勝天然記念物
  • 甲賀市水口歴史民俗資料館
    水口図書館に併設。曳山祭や宿場に関連した展示がある。
  • 力石
    小坂町の曲がり角にある。江戸時代から知られていて、浮世絵師国芳が錦絵の題材に使っている。
  • 真徳寺
    表門は、水口城内の家臣屋敷の長屋門を移築したもの。
  • 林口一里塚跡
    五十鈴神社の境内にある。

石部宿までの史跡・見どころ[編集]

  • 北脇縄手
    東海道の整備で、曲がりくねった道が直線状に改修された。かつては両側の土手に松並木があり、美しい景観が保たれていた。
  • 柏木公民館
    東海道を記念する鐘楼のモニュメントがある。
  • 泉一里塚跡
    改めて整備されたもので、元は現在地より野洲川よりにあった。
  • 横田渡
    高さ10.5mの巨大な常夜灯があり、史跡公園として整備されている(滋賀県指定史跡名勝天然記念物)。かつては仮橋あるいは船での渡りだった。現在の、甲賀市と湖南市の境目あたり。
  • 天保義民の丘
    天保時代に過酷な検地に対して一揆(近江天保一揆)を起こし処刑された農民たちをたたえる「天保義民の碑」がある。明治時代に建立された。三雲村。現在の、湖南市三雲。
  • 弘法杉
    東海道が下をくぐる天井川大沙川の堤上にある。
  • 北島酒造
    江戸時代から続く老舗の蔵元。針村。現在の、湖南市針。

ゆかりの人々[編集]

  • 松尾芭蕉
  • シーボルト - 「江戸参府紀行」に水口のことを書いている。
  • 巌谷一六 - 書家。明治の三筆のひとり。
  • 巌谷小波 - 作家(児童文学)。お伽ばなしの制作、普及につとめた。巌谷一六の子。

隣の宿[編集]

東海道
土山宿 - 水口宿 - 石部宿