南洞邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南洞邦夫, c. 1936

南洞 邦夫(なんどう くにお、1916年12月4日 - 2011年8月12日[1])は、日本のスピードスケート選手。

略歴[編集]

中華民国東北部(満州)の奉天出身。

早稲田高等学院1年在学時の1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックで500m22位、5000m31位となった。

1956年コルチナ・ダンペッツオオリンピックの日本選手団および1960年スコーバレーオリンピックの日本選手団スケートチーム監督、1994年リレハンメルオリンピックの日本選手団団長、日本スケート連盟理事長、日本カーリング協会会長などを歴任した。

2000年にオリンピック・オーダー受章[2]

2011年8月12日、肺炎のため東京都品川区の病院で死去。94歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]