幸せの教室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幸せの教室
Larry Crowne
監督 トム・ハンクス
脚本 トム・ハンクス
ニア・ヴァルダロス
製作 トム・ハンクス
ゲイリー・ゴーツマン
製作総指揮 フィリップ・ルスレ
スティーヴン・シェアシアン
ジェブ・ブロディ
ファブリス・ジャンフェルミ
デヴィッド・コートスワース
出演者 トム・ハンクス
ジュリア・ロバーツ
ブライアン・クランストン
セドリック・ジ・エンターテイナー
タラジ・P・ヘンソン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 フィリップ・ルースロ
編集 アラン・コディ
製作会社 Vendôme Pictures
Playtone
StudioCanal
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年7月1日
日本の旗 2012年5月11日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $30,000,000[1]
興行収入 $52,408,245[1]
テンプレートを表示

幸せの教室』(しあわせのきょうしつ、Larry Crowne)は、トム・ハンクスジュリア・ロバーツ共演による2011年アメリカ合衆国のコメディ・ドラマ映画である。ハンクスは監督のほか、共同製作、共同脚本も兼任している。北米では2011年7月1日に公開された。

あらすじ[編集]

長年勤めていたスーパーマーケットを、大卒でないという理由から解雇された中年男性のラリー・クラウンが再就職を目指してコミュニティ・カレッジに入学し、スピーチの授業を担当する無気力教師のメルセデスと出会う。

キャスト[編集]

公開[編集]

北米では当初サミット・エンターテインメントが配給する予定であったが、結局ユニバーサル・ピクチャーズが権利を得た[2]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは185件の評論家レビューで支持率は35%、平均値は5/10となった[3]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]