GOAL!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GOAL!
STEP1 イングランドプレミアリーグの誓い
Goal!
監督 ダニー・キャノン
脚本 ディック・クレメント
イアン・ラ・フレネ
製作 マット・バーレル
マーク・ハッファム
マイク・ジェフリーズ
製作総指揮 ローレンス・ベンダー
ピーター・ハージテイ
音楽 グレーム・レヴェル
ジョエル・キャドバリー
撮影 マイケル・バレット
編集 クリス・ディケンズ
配給 東芝エンタテインメント
公開 イギリスの旗 2005年9月30日
日本の旗 2006年5月27日
上映時間 118分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $30,000,000
興行収入 $4,280,000 アメリカ合衆国の旗
£1,852,900 イギリスの旗
次作 GOAL!2
テンプレートを表示

GOAL!』(ゴール、原題:Goal!)は2005年に公開されたダニー・キャノン監督の映画である。日本では2006年5月27日に公開された。プロサッカー選手のデビッド・ベッカムがゲスト出演している。

概要[編集]

この映画は国際サッカー連盟 (FIFA) 公認の映画であり、全部で3部作に分かれている。

第1部となる本作ではイングランドFAプレミアリーグのデビューに主眼を置いている。サウンドトラックにはオアシスカサビアンなどの豪華メンバーが参加した。続編にあたる『GOAL!2』は当初2006年秋に日本で公開の予定だったが、製作の遅れにより、2007年5月にずれ込んだ。

最終作の第3部『GOAL!3』は、2006 FIFAワールドカップが舞台となるが、日本では劇場公開されず、DVDソフトのみでの販売となった。

数々のサッカー選手が出演し日本人では中田英寿が出演すると話題になったが、中田は出演していない。しかし、映画内のシーンでレアル・マドリージュビロ磐田が日本で試合を行うシーン(『GOAL!2』)やW杯の日本代表の試合が映る場面(『GOAL!3』)がある。

ストーリー[編集]

メキシコの貧しい町に生まれ、アメリカに不法に越境してロサンゼルスで育ったサンティアゴ(クノ・ベッカー)には、サッカーの才能があった。20歳になったサンティアゴに声をかけるフォイ(スティーヴン・ディレイン) 。彼はイングランドの一流サッカー・チーム『ニューカッスル・ユナイテッド』の代理人だった。フォイの勧めで、チームへの入団の希望を持つサンティアゴ。不法移民が夢を見るなと反対する父親。だが、陽気な祖母はサンティアゴを励まし、イギリスへと送り出した。

入団テストで失敗を犯すサンティアゴ、だが、有名選手のハリスが彼の才能を認め、サンティアゴは練習生として迎えられることになった。レギュラーを目指し練習に励むサンティアゴ。羽目を外して問題を起こし、監督や恋人の看護師ロズ(アンナ・フリエル)に睨まれることもあったが、補欠として出場した試合では、見事にゴールを決めてチームに貢献した。

不仲だった父親の突然の死にも帰国せず、練習を続けるサンティアゴ。そしてついに、レギュラーとしてゲームに参加するチャンスが訪れた。最後のペナルティ・キックを決めて、チームを優勝に導いたサンティアゴは、死んだ父親が生前に、彼の初めての試合をテレビで誇らしげに応援していたことを知ったのだった。

出演[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サンティアゴ・ムネス クノ・ベッカー 櫻井孝宏
ガバン・ハリス(サンティのチームメート) アレッサンドロ・ニヴォラ 桐本琢也
ロズ・ハーミソン(サンティの婚約者) アンナ・フリエル 岡本麻弥
ロサ・マリア(サンティの母親) エリザベス・ペーニャ
グレン・フォイ(元サッカー選手、代理人) スティーヴン・ディレイン 山路和弘
エリク・ドーンヘルム マーセル・ユーレス 勝部演之
クリスティーナ カサンドラ・ベル きのしたゆうこ

ゲスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]