ソードフィッシュ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソードフィッシュ
Swordfish
監督 ドミニク・セナ
脚本 スキップ・ウッズ
製作 ジョナサン・D・クレイン
ジョエル・シルバー
ポール・ウィンズ
製作総指揮 ブルース・バーマン
ジム・ヴァン・ウィック
出演者 ジョン・トラボルタ
ヒュー・ジャックマン
ハル・ベリー
音楽 クリストファー・ヤング
ポール・オーケンフォルド
撮影 ポール・キャメロン
編集 スティーヴン・E・リフキン
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2001年6月8日
日本の旗 2001年11月3日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $102,000,000[1]
興行収入 $147,080,413[1] 世界の旗
$69,772,969[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
12億円[2] 日本の旗
テンプレートを表示

ソードフィッシュ』(Swordfish)は、2001年に製作されたアメリカ映画

内容[編集]

かつてハッカーの帝王と呼ばれたスタンリーの所に、ミステリアスな女・ジンジャーが巨額金強奪計画の話を持ってきた。かつてDEA(麻薬取締局)の極秘作戦「ソードフィッシュ計画」で残った裏金95億ドルをハッキングで奪おうとする謎に満ちた冷徹な男・ガブリエル。ロサンゼルスの空港で殺された大物ハッカー、トーバルズの事件を追ううち、かつてその手で逮捕したスタンリーにたどり着いたFBIのロバーツ捜査官。その事件が元で性悪な元妻に愛娘ホリーの親権を奪われ接見禁止にまでされてしまったスタンリーは、ホリーを取り戻す為、予測不能の「思い込み=ミスディレクション」の罠にはまっていく・・・。ガブリエルは95億ドルを何の目的で奪おうとするのか。600台のカメラを駆使して撮影された30秒のバレットタイム(マシンガン撮影)による大爆発シーンから始まるストーリーは観客の望むハッピーエンドを迎えられるのだろうか。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 日本テレビ
ガブリエル・シアー ジョン・トラボルタ 村山明 安原義人
スタンリー・ジョブソン ヒュー・ジャックマン 山路和弘 小山力也
ジンジャー・ノウルズ ハル・ベリー 児玉孝子 日野由利加
J・T・ロバーツ ドン・チードル 目黒光祐 内田直哉
ジム・リーズマン上院議員 サム・シェパード 納谷六朗 小川真司
マルコ ヴィニー・ジョーンズ 伊藤栄次 相沢正輝
メリッサ ドレア・ド・マッテオ 岡本章子 亀井芳子
アクセル・トーバルズ ルドルフ・マーチン 山野井仁 三木眞一郎
ビリー・ジョイ副長官 ザック・グルニエ 小島敏彦 宝亀克寿
ホリー・ジョブソン キャムリン・グライムス 引田有美 三村ゆうな
トーレス アンジェロ・ペーガン 小室正幸 星野充昭
アクセルの弁護士 カーク・B・R・ウォラー 伊藤栄次 松山鷹志
その他 落合弘治
天田益男
高宮俊介
浜田賢二
志村知幸
杉本ゆう
堀江真理子
河野智之
桐本琢也
川津泰彦
大西健晴
伊藤栄次
田原アルノ
甲斐田裕子
西村朋紘
河相智哉
矢野裕子
横尾博之
滝知史
小形満
高橋広樹
塩山由佳
笹井智恵子
日本語版スタッフ
演出 春日一伸 山田知明
翻訳 小寺陽子 松崎広幸
調整 手塚孝太郎 阿部直子
効果 サウンドボックス
録音 オムニバス・ジャパン
プロデューサー 尾谷アイコ
小出春美
稲毛弘之
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
ACクリエイト
東北新社
初回放送 2005年4月29日
金曜ロードショー

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Swordfish (2001)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月7日閲覧。
  2. ^ 日本映画産業統計 過去興行収入上位作品 (興収10億円以上番組) 2001年(1月~12月)”. 社団法人日本映画製作者連盟. 2010年4月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]