チャ・スンウォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャ・スンウォン
各種表記
ハングル 차승원
漢字 車勝元
発音: チャ・スンウォン
日本語読み: ちゃ・すんうぉん
ローマ字 Cha Seung-Won
テンプレートを表示

チャ・スンウォン車 勝元朝鮮語: 차승원: Cha Seung-Won1970年6月7日 - )は、韓国の俳優。身長188cm、体重76kg。AB型[1]

人物・経歴[編集]

京畿道安養市出身。

高校3年よりモデル活動を始める。

1992年結婚、と息子(妻の連れ子)とがいる[2]。牧園大学校高校部卒業。2001年成均館大学芸術部映像科中退。

モデルから映画やTVへと活動の場を広げ、多彩な役をこなす。2011年、MBC最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』で好感度No.1の俳優トッコ・ジン役を演じ「MBCドラマ大賞」ミニシリーズ部門男優最優秀賞。2015年に出演したドキュメント漁村バラエティ『三食ごはん 漁村編』では、お小言炸裂ながらも、非凡な料理の腕を披露して視聴者を驚かせ、「チャジュンマ」というニックネーム(苗字のチャと+韓国語のおばさん=アジュンマから命名)を得て、お茶の間に新風を巻き起こし、ケーブルTVの番組ながら、地上波を圧倒した。[3][4]

息子(妻の連れ子)のチャ・ノアは、13年3月に大麻草喫煙の容疑で不拘束起訴されたが、それからわずか5カ月後の8月には、祖父の所有する別荘に女子高生を監禁し、複数回にわたり性的暴行や脅迫を繰り返したとして、未成年者性暴行の容疑で訴えられている[5]

出演[編集]

映画
  • 2014年 『ハイヒールの男
  • 2013年 『同窓生』
  • 2012年 『ごますりの王』
  • 2011年 『アテナ:ザ・ムービー』
  • 2010年 『雲から抜けた月のように』『戦火の中へ
  • 2009年 『シークレット
  • 2008年 『目には目,歯には歯
  • 2007年 『息子』『里長と郡守
  • 2006年 『約束
  • 2005年 『血の涙』『拍手する時に去れ』
  • 2004年 『天国からのメッセージ(幽霊が棲む)』『ラブリー・ライバル』
  • 2003年 『ぼくらの落第先生』
  • 2002年 『ジェイル・ブレーカー』、『ライターをつけろ』
  • 2001年 『風林髙(新羅の月夜)』
  • 2000年 『リベラ・メ
  • 1999年 『世紀末』『身魂(しんこん)旅行』『アタック・ザ・ガス・ステーション!』『愛のゴースト』
  • 1998年 『陽が西から昇ったら』
  • 1997年 『ホリデー・イン・ソウル』
TV出演
  • 2015年 tvN三食ごはん 漁村編 シーズン2』
  • 2015年 MBC 月火ドラマ『華政(ファジョン)』(光海君役)
  • 2015年 tvN三食ごはん 漁村編』
  • 2014年 SBS ドラマスペシャル『君たちは包囲された』(ソ・パンソク役)
  • 2011年 MBC 水木ドラマ『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』(トッコ・ジン役)
  • 2010年 SBS 月火ドラマ『ATHENAアテナ:戦争の女神』(ソン・ヒョク役)
  • 2009年 SBS ドラマスペシャル『シティーホール』(チョ・グク役)
  • 2003年 KBS 週末ドラマ『ボディーガード』(ホン・ギョンタク役)
  • 1999年 SBS 月火ドラマ『味をお見せします』
  • 1999年 MBC 週末ドラマ『薔薇と豆もやし』
  • 1999年 MBC シットコム『女対女』
  • 1998年 MBC 『ミュージックキャンプ』(MC)
  • 1998年 KBS ミニシリーズ『天使のキス』(チャン・テジュ役)
  • 1998年 MBC 『GO! われらの天国』(MC)
  • 1998年 MBC 月火ドラマ『裸足で走れ』(パク室長役)
  • 1998年 MBC 水木ドラマ『恥ずかしがりやの恋人』(イム・ソンボム役)
  • 1998年 SBS 『キム・ヘス プラス ユー』(MC)
  • 1998年 SBS 『イ・スンヨン セイセイセイ』(MC)
  • 1998年 SBS 月火ドラマ『風の歌』
  • 1997年 SBS シットコム『ニューヨークストーリー』
舞台
MV
  • 2011年 T-ARA 『Cry Cry』、『Lovey-Dovey』

[6]

脚注[編集]

  1. ^ チャ・スンウォン、血液型を公開 「B型だと思っていたが…実はAB型だった」
  2. ^ チャ・スンウォンのプロフィール innolife.net 俳優紹介 2011年11月28日閲覧。
  3. ^ http://kankoku-seoul.jp/kankokugeinousanshokugohangyosonhen/
  4. ^ http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2035518
  5. ^ チャ・スンウォンの息子、未成年者監禁・性暴行・大麻まで…“衝撃”
  6. ^ チャ・スンウォン、カムバックするT-ARAに協力…新曲PVに出演 innolife.net(2011年10月7日付) 2011年11月28日閲覧。




外部リンク[編集]