ウォッチドッグス2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Watch Dogs 2
ウォッチドッグス2
WatchDogs2.png
ジャンル アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 ユービーアイソフトモントリオール
運営元 ユービーアイソフト
販売元 ユービーアイソフト
デザイナー アレクサンドル・ペドノー
音楽 マドレーヌハート
ジェシースコーブル
ジェームズラッセルリーズ
イーサンペティ
ジャレッド・シンカリオール
ダイアナローズシャーマン
ルシアン・ソウルバン
シリーズ ウォッチドッグスシリーズ
人数 ストーリー:1人
マルチ:2人-5人
メディア PS4/XBOne:BD-ROM
Win:DVD-ROM
運営開始日 アメリカ合衆国の旗 2016年11月15日
日本の旗 2016年12月1日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
USK18(18歳未満提供禁止)
PEGI18
コンテンツ
アイコン
暴力、犯罪
ダウンロード
コンテンツ
あり
エンジン Disrupt
テンプレートを表示

ウォッチドッグス2』(Watch Dogs 2) は、ユービーアイソフトモントリオールが開発したオープンワールドアクションゲーム。『ウォッチドッグス』の続編。対応プラットフォームWindowsPlayStation 4Xbox One

海外版は2016年11月15日[2]、国内版は12月1日[3]に発売された。

また、2020年10月29日には本作の24年後のロンドンを舞台とした続編である『ウォッチドッグス レギオン』が発売された。

概要[編集]

舞台は前作のシカゴからサンフランシスコへと移り、前回のハードボイルドな雰囲気から西海岸らしく開放的な街並みの構成となっている。 プレイヤーは基本的にサードパーソン視点で主人公・マーカスを操作し、ゲームを進める。 本作の主人公・マーカスが所属するハッカー集団「デッドセック(DedSec)」は前作にも登場した団体であり、エイデンやT-ボーンといった前作からの登場人物も何人かは引き続き登場する。

それぞれのミッションを完了する方法は一通りではなく、ある時はドローンで密かに侵入したり、ある時は銃火器で正面から突破して行くなど、プレイヤーそれぞれのスタイルでミッションを攻略することが可能。ミッションを攻略するたび、デッドセックのフォロワーが増えていき、フォロワーが増えるほどゲーム上の様々な要素が解除されていく仕組みになっている。フォロワーの増やし方は、Scout X(各地の観光名所、人物とのいわゆる自撮り写真をSNS にあげる)、Driver SF(アプリ上で利用者を検索し、いわゆる相乗りタクシーで利用者の希望する目的地に運転送迎する)などの方法がある。ミッション序盤で発生、シターラに教えられる、ペイントアート(本作上では、タグ付け)をクリアしていくたびにもフォロワーが増える。また最終ミッションをクリアするなどある程度フォロワーが増えるとリサーチポイントがもらえなくなる。

また本作ではオンライン要素も充実しており、インターネットで繋がった他のプレイヤーと様々な遊びができる。ある時は一緒にミッションをクリアしたり、またある時は警察に加担して他のプレイヤーの逮捕に協力するなど、前作に比べて、遊びの幅が広がっている。

2016年6月には『ウォッチドッグス』と『ウォッチドッグス2』の映画化が決定された[4]。しかし、2020年現在、映画化の話は達成されていない。

ストーリー[編集]

シカゴでエイデン・ピアースが悪名高き都市管理システムctOS」を破壊してから3年後の2016年。サンフランシスコでは、ctOSの次世代版である「ctOS 2.0」が導入されていた。

このシステムの機能の一つである「犯罪予知機能」に誤認識されてしまった主人公マーカス・ホロウェイは、ctOSの開発企業である「ブルーム社」が自社にとって都合の悪い人物の犯罪歴を捏造し、犯罪者に仕立て上げていた事実を知る。罪のない人のデータ改ざんに憤りを覚えたマーカスは、既にブルーム社と対立していたハッカー集団「デッドセック」(DedSec)と連絡を取り、ctOSのデータセンターに侵入し自身のデータを消去するという試験をクリアし、デッドセックへの加入を果たす。

マーカスとデッドセックの仲間たちは、ctOS 2.0をシャットダウンしてサンフランシスコをブルーム社の支配から解放し、市民に本当の自由を取り戻そうと考える。ただ、ブルーム社のシステムに対抗するためには、大きな演算処理が可能なネットワークが必要になる。そこでマーカスたちは、デッドセックの活動に賛同してくれた市民(フォロワー)に「デッドセックアプリ」をダウンロードしてもらい、そのアプリが入ったスマホの演算能力を利用して巨大なネットワークを構築する計画を立てる。デッドセックのフォロワー数を増やすため、マーカスは持ち前のハッキングとパルクールの能力を駆使し、仲間たちと共に様々なオペレーションに挑んでいく。

フォロワー数を伸ばしていく過程でマーカス達は、ブルーム社と提携する多くの企業や団体が、ctOSネットワークを利用したサービスの裏で個人情報を不正に収集していることを知る。また、その個人情報を売買または利用して高額の利益を得ていた事実を掴み、その事実を次々と世間に明るみにしていく。しかし、ブルーム社の最高技術責任者のドゥシャン・ネメックは、デッドセックの存在を疎ましく思いながらも、その一方でデッドセックの存在をも利用した、さらなる陰謀を画策していた。

登場人物[編集]

デッドセック・サンフランシスコ[編集]

マーカス・ホロウェイ(Marcus Holloway)
日本語版声優:内田夕夜
本作の主人公。サンフランシスコのオークランド出身で、24歳の黒人男性。「Retr0」の名で知られる凄腕のハッカー。また、優れた運動神経を持っており、パルクールを駆使して自分の足で現場に行きネットワークに侵入する「フィジカルハッキング」が得意分野。 射撃や自作の武器「サンダーボール」を使った近接戦闘にも長けている。パソコンとスマートフォン以外にも、ドローンラジコンを用いた攻撃やハッキングを行うことができ、車両をハッキングして遠隔操作し敵に突っ込ませるといった戦法も可能となっている[5]
ctOSの犯罪予知機能に誤認識されたのをきっかけに、デッドセック・サンフランシスコに加わり、ブルーム社の高度なシステムに立ち向かう。
レンチ(Wrench)
日本語版声優:杉山紀彰
「デッドセック・サンフランシスコ」の一員で、戦略担当。眼の部分がドット式のデジタルスクリーンになったフェイスマスクを着けており、眼を絵文字の様にして様々な感情を表現する。マスクにはボイスチェンジャー機能もあり、甲高い声で話す。常日頃マスクを着けているのは、顔にある大きな痣がコンプレックスである為。また、本来の性格はあがり症で内気であり、マスクを奪われると別人のように大人しくなってしまう。映画オタクな気質があり、共通の話題の通じるマーカスとはすぐに打ち解けた。
自ら改造したレンチjrというエモーショナルロボットも登場する。
続編である『ウォッチドッグス レギオン』でもシーズンパスにおいてプレイアブルキャラとして登場する。
シターラ・ダーワン(Sitara Dhawan)
日本語版声優:浅川悠
「デッドセック・サンフランシスコ」の一員で、広報・情報担当。サンフランシスコ出身の女性メンバー。マーカスに携帯電話で指示や情報を送る。元DJでアートを手掛けることもあり、作品はハッキングを風刺するような内容のものが多い。
ジョッシュ・ソーチャック(Josh Sauchak)
日本語版声優:橋本雅史
「デッドセック・サンフランシスコ」の一員で、ハッキング担当。自閉スペクトラム障害を抱えているため、他人とのコミュニケーションが苦手。「Hawt Sauce」の名で知られる凄腕のハッカーであり、高い暗号解析能力とどんなシステムでも破れる卓越したハッキング技術を持っている。本編開始前に行ったという友愛会館へのハッキングは、マーカスにも称賛されていた。小さな違いに良く気付く特性によってメンバーで最初に外部からの数値操作を察知し、暗号解析力でブルーム社に対抗する糸口を見つけ出す。
ホレイショ・カーリン(Horatio Carlin)
日本語版声優:柏野昌俊
「デッドセック・サンフランシスコ」を立ち上げたリーダーで、作戦立案担当。表向きはヌードル(nudle)社の社員である。物語中盤、難癖をつけてきたギャング「テズカス」のメンバーに拉致、拷問され、現場に駆けつけたマーカスに看取られ、絶命する。(実は、この一連に犯行にはテズカスのリーダーも関わっており、デッドセックをいまいましく思ったリーダーが手下に指示したものだったが、これがきっかけで、実行犯ともどもマーカスたちの怒りを買うことになった)

協力者[編集]

レイモンド・ケニー(Raymond "T-Bone" Kenney)
日本語版声優:山路和弘
「デッドセック・サンフランシスコ」の協力者で、別名「Tボーン」。第1作から引き続き登場するキャラクター。ctOSの生みの親であり、自身が作り上げたctOSがブルーム社の影からの都市機能支配に利用されている事を知り、今作ではハッキングやctOSに関する自身の卓越した能力や知識を用いて、デッドセックに協力する。
ミランダ・コメイ(Miranda Comay、)
日本語版声優:咲野俊介
トランスジェンダーの市会議員。マーカスとは家族ぐるみで長い付き合いがある。複数のミッションで、マーカスやデッドセックに協力してくれる。

敵対者[編集]

ドゥシャン・ネメック(Dušan Nemec)
日本語版声優:藤原啓治
若くして成功を収めた、ブルーム(Blume)社の最高技術責任者。同社が開発・運営を行うctOSの全てを掌握している。目的の為には手段を選ばない非情な性格で、ctOSのサービスの恩恵を受ける様々な企業だけでなくFBIにまで圧力をかけ操作することで、デッドセックのメンバーを社会的に葬ろうとしている。
レノーラ・カストナー(Lenora Kastner)
日本語版声優:橘U子
デッドセックのライバルのハッカーグループ「プライム8」のリーダー。小太りな体型の中年女性で、周囲からは「レニ(Lenni)」と呼ばれている。とても嫌味な性格で、デッドセックを毛嫌いしている。
ドゥシャンから大金を積まれ、メンバーの素性公開をネタにマーカスを脅迫したり、デッドセックのサーバーをダウンさせたりと、様々な手でデッドセックの活動を妨害しようとする。また彼女が登場するDLCミッションがあり、このミッションではあるヤマを追っており、利用目的でマーカスたちに接触してくる。このときにジョッシュとも顔をあわせるが、レニはジョッシュを見て、「子犬のようでかわいい」とべた褒めした。

その他[編集]

エイデン・ピアース(Aiden Pearce)
「ウォッチドッグス」シリーズ前作の主人公。本作ではサイドミッションで少し登場し、マーカスが彼を救出することになる。なお市内、町を散策していると何処か彼の声が聞こえてくる。
ジョルディ・チン (Jordi Chin)
日本語版声優:山野井仁
前作ウォッチドッグスに登場した中国系アメリカ人のフィクサー。ビリー・フィンという白の高級ブランドスーツを着ている、身長185cm。
軽い印象だが腕は確か、ここ数年カウンセリングを受けている。仕事のため飛行機でシカゴからサンフランシスコに向かい、アントン・バグドノフというハッカーを追っていた。ランサムウェアを追っていたマーカスと鉢合わせた際、証拠隠滅のため殺そうとするも目的が同じと知り、なし崩し的に協力する。マーカスからスマホを受け取る際に、ハッキングをかなり警戒していた。
警察やctOSに似顔絵以外データがほとんど存在しない。そのため、ジョルディの名前が劇中に一度も登場することはなかった。P-9mmやSVDなど様々な武器を扱い格闘もこなす、大型クルーザーに1人で乗り込み、搭乗していた敵を拳銃1つで殺し回っていた。最後まで名前がわからなかったため、マーカスからは、しゃれたスーツのごろつき、サイコ野郎と呼ばれていた。

マルチプレイ[編集]

今作でもシングルとマルチのシームレスな世界は健在であり、シングルプレイ中の街中に他のプレイヤーが潜伏していることもある。また、侵入要素や対戦のほか今回はCo-op機能(協力プレイ)も存在する。

オンライン協力 (ONLINE COOP)
今作では協力プレイが標準搭載される。シングルモードの協力プレイに加え、各種アクティビティの同時プレイや協力プレイ専用ミッションも用意されている。
オンラインハッキング (ONLINE INVASIONS)
前作に引き続き登場。今作ではドローンやラジコン、車両ハッキングなど新たな要素が存在するため前作とは異なる戦略が要求される。基本的なルールはこちらを参照ウォッチドッグス#マルチプレイ
バウンティハンター (BOUNTY HUNTER)
今作から登場する新たなモード。警察に追われるなど反社会的な行為を続けるプレイヤーは自動的にバウンティ(賞金首)となり、最大3人の他のプレイヤーの標的となるのでこれを撃退しなければならない。バウンティハンター側のプレイヤーはバウンティを倒すことで大きな報酬を獲得できるが、バウンティ側のプレイヤーがハンターを倒せば更に多くの報酬を得ることができる。また問題を起こさずともゲーム内のアプリを使用し自らバウンティとして名乗り出ることもできる。

用語[編集]

ctOS 2.0(シー・ティー・オーエス・2.0)
ウォッチドッグスの世界において、あらゆる機器に導入されているオペレーティング・システム。前作の主人公によって破壊されたctOSの次世代版。前世代のctOSに比べ、機能がより拡充されており、主人公が序盤で本システムをハッキングした後、以下のように様々なことができるようになっている。
・他人の携帯を鳴らす
・他人の携帯を爆発させる
・他人の車を無人・有人問わず操作する
・不特定多数の車を同時にハッキングして操作をする
・偽の犯罪の証拠を他人のデータに埋め込み、警察にその人物を逮捕させる
デッドセック(DedSec)
国際的なハッカー集団。メンバーは卓越した技術を持つハッカー達で構成されており、様々な企業の不正の告発や、隠匿された情報のリーク活動を主に行っている。
今作で登場するのは、その中でもサンフランシスコを拠点とするグループ「デッドセック・サンフランシスコ」。メンバーはシターラ・レンチ・ジョッシュ・ホレイショの4名で、そこに主人公のマーカスが加入。市に導入されているctOS 2.0の危険性や、それを利用してブルーム社や関連企業が行っている不正の実態を暴いていく。
デッドセックはチームごとに、地下に設立した「ハッカースペース」と呼ばれる場所を拠点として活動している。ハッカースペースには高度な処理能力を持つコンピュータの他、警察や軍の銃器さえも精巧に再現できる高度な3Dプリンターが設置されている。
ブルーム社(Blume Corporation)
システムの開発・運営を行う大手IT企業。パソコンや携帯端末のオペレーティング・システムや、ネットワーク管理の警備システムなど、あらゆるインフラシステムの提供・運営を行っており、そのシステムに自社のctOS 2.0を導入している。
Nudle社のロゴ。Googleのロゴと酷似している。
ヌードル社(Nudle)
IT系の大企業で、ウォッチドッグスの世界におけるGoogleGoogle マップと同じような地図サービスである「Nudle Maps」や、検索エンジンである「Nudle Search」を手がけるなど、系列のサービスを多く開発している。Nudle Mapsを用いて、主人公は本作の舞台であるサンフランシスコの地図を確認できる。本社はシリコンバレーにあり、本作のミッションで会社内に潜入することができる。その実態は利用者の検索履歴や居場所などの情報を集め、そのデータをブルーム社などに不正に提供をしていた。
ホーム・エレクトロニクス社(haum Electronics Inc,)
トースターから、ドアの鍵、テレビ、空調システムに至るまで、家の設備をインターネットにつないで自動化することにより、居住者の生活をより快適にするスマートホームの技術や商品・サービスを提供する大手企業。その実態は居住者のあらゆる生活情報を集め、そのデータをブルーム社やヘルスケアの企業などに不正に販売・提供をしていた。
インバイト社(Invite Corporation)
サンフランシスコ市内に本社を置く大手ソーシャルメディア。社屋などはTwitterの本社をモデルにしているが、サービス内容はFacebookに近い。フィードやコンテンツを偏向・操作することによって利用者を煽情し、マーク・スラス下院議員に投票させようとしていた。
ユーメナイ・コーポレーション(Umeni Corporation)
民間軍事企業。作中で様々な契約企業の敷地を警備しており、警察以上の強力な武装の他、警備ロボットも所有している。そのため、彼らの追跡から生きて逃げ切るのは困難。
ニュードーン(New Dawn)
サンフランシスコに本部を置く宗教団体。当初は誰からも相手にされない無名の団体だったが、ジミー・シスカなどの著名人を広告塔に利用し規模を拡大、現在ではアメリカ国内だけで1500万人の会員、北米に1200以上の施設を持つ巨大な宗教団体となった。教団の行動を疑問に思った信者らを隔離したうえで再教育を施している事などの汚い秘密をデッドセックに暴露される。
ガリレオ社
通信衛星やロケット打ち上げ事業を展開する民間航空宇宙会社。カリフォルニアにロケット打ち上げ施設を保有しており、ロケットの打ち上げを自力で行っている。
ユービーアイソフト
「ウォッチドッグス」シリーズなどを手掛けるゲームソフト会社。カリフォルニアにある支社にハッキングして、新作ゲームのトレーラー映像を盗み出すセルフパロディ的なミッションがある。

登場武器[編集]

評価[編集]

ファミ通は発売1週間前に組んだ特集記事の中で、「主人公を復讐者から若いハッカーに変更し、前作に少しだけ登場したハッカー集団『デッドセック』を物語の中心に据えたことで、よりキャッチーでポップな作品に仕上げることに成功した」と評価している[6]

続編[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「ウォッチドッグス2」の必要動作環境”. Ubisoftカスタマーサービス. 2020年7月17日閲覧。
  2. ^ 『Watch Dogs 2』が遂に海外発表―トレイラーやゲームプレイ降臨!”. Gamespark (2016年6月9日). 2020年7月17日閲覧。
  3. ^ 『ウォッチドッグス 2』国内発売日が12月に決定!―公式サイト&トレーラー公開”. Gamespark (2016年7月7日). 2020年7月17日閲覧。
  4. ^ 【E3 2016】Ubisoft、『Watch Dogs』と『Watch Dogs 2』映画化決定!”. Gamespark (2016年6月14日). 2020年7月17日閲覧。
  5. ^ Watch Dogs 2:正式発表トレーラー公開、世界観やストーリーの概要判明”. EAA!! (2016年6月9日). 2020年7月17日閲覧。
  6. ^ 発売まであと1週間! 開発陣が『ウォッチドッグス2』の“革新”を語るインタビュー動画を公開!”. ファミ通 (2016年11月24日). 2017年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]