ドーベルマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドーベルマン
Dobermann
Dobermann (Film) Logo.png
監督 ヤン・クーネン
脚本 ジョエル・ウサンフランス語版
原作 ジョエル・ウサン
製作 フレデリック・デュマフランス語版
エリック・ネーヴェ
出演者 ヴァンサン・カッセル
チェッキー・カリョ
モニカ・ベルッチ
音楽 スキゾマニアック
撮影 ミシェル・アマテューフランス語版
編集 ベネディクテ・ブルネットフランス語版
製作会社 Canal+
France 3 Cinéma
La Chauve Souris
Noé Productions
PolyGram Audiovisuel
配給 フランスの旗 PolyGram Film Distribution
日本の旗 コムストック
公開 フランスの旗 1997年6月18日
日本の旗 1998年4月11日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 FRF 33,000,000[1]
テンプレートを表示

ドーベルマンDobermann)は1997年フランス犯罪アクション映画

オランダ出身の映像作家ヤン・クーネンクエンティン・タランティーノに触発されて[要出典]メガホンを取ったバイオレンス・コミック・アクション作品。

ストーリー[編集]

パリで連続強盗事件が発生。犯人はドーベルマンと名乗る男が率いる強盗団で、リーダーのドーベルマンことヤン・ルパントレックは生まれながらの強盗である。彼の仲間には、薬に溺れ常に殺人の衝動に駆られているムス、斧を振り回す犬好きの巨漢ピットビュル、聖書の中に手榴弾を携帯する神父、同性愛者で女装好きのドラッグクイーン・ソニア、廃車回収業者でありマシンガンの使い手レオ、ヤンの恋人で爆弾の扱いに長けた聾唖の美女ナット、狙撃の名手にしてナットの兄であるマニュなど、多彩な顔ぶれが揃っていた。

鮮やかな手口で犯行を成功させる一味に対して、追い詰められた警察は目的の為には手段を選ばない非情なクリスチーニ警視をドーベルマン一味の壊滅作戦に登用する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

出典[編集]

  1. ^ Dobermann - AlloCiné(フランス語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]