ドルフ・ラングレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドルフ・ラングレン
Dolph Lundgren
Dolph Lundgren
2018年、シドニーにて
本名 Hans Lundgren
生年月日 (1957-11-03) 1957年11月3日(61歳)
出生地  スウェーデンストックホルム
ジャンル 俳優空手家
活動期間 1985年 -
活動内容 1985年:デビュー
主な作品
ロッキー4/炎の友情
レッド・スコルピオン
ユニバーサル・ソルジャー』シリーズ
JM
ピースキーパー
エクスペンダブルズ』シリーズ
クリード 炎の宿敵
アクアマン

ドルフ・ラングレン(Dolph Lundgren, 1957年11月3日 - )は、スウェーデンストックホルム出身の俳優空手家極真カラテ参段)。修士化学)。フルブライト奨学生。本名はハンス・ドルフ・ラングレン(Hans Dolph Lundgren)。身長公称198cm、体重108kg。愛称は「人間核弾頭」。

来歴[編集]

空手家[編集]

スウェーデン王立工科大学在学中に極真会館スウェーデン支部に入門して空手道を学んだ[1]1979年に日本で開催された第2回オープントーナメント全世界空手道選手権大会にスウェーデン代表として出場。まだ茶帯だったが、2回戦までの2試合共に膝蹴り一本勝ちを収めた。3回戦では同大会で優勝した中村誠に3回の延長戦の末、判定0対3で敗れた。審判長を務めた大山倍達から「次の世界大会では本命となるであろう選手の一人」と高い評価を受け、(空手道選手として)将来を嘱望された。当時の格闘技メディアはラングレンを「スウェーデンの若鷹」と称している。1980年1981年にはヨーロッパ1982年にはオーストラリアにおいてキックボクシングの大会に出場しこれを制覇している。1988年に来日した際には、極真会館総本部へ総裁である大山倍達を表敬訪問。その場で弐段を授与され、そのやりとりは、極真会館の機関誌である月刊パワー空手にも掲載された。東京体育館で1991年11月に開催された第5回オープントーナメント全世界空手道選手権大会と、2011年10月に開催された新極真会の第10回全世界空手道選手権大会で、それぞれ演武を行った。

俳優[編集]

アメリカ合衆国でのモデルの仕事を経て、1985年に端役として『007 美しき獲物たち』に出演し映画デビューする。同年『ロッキー4/炎の友情』で敵役イワン・ドラゴ役に抜擢され、その端正な顔立ちとビルドアップされた肉体で一躍脚光を浴びる。ドラゴ役について、当初ラングレンは「背は高いがヘビー級ボクサーを演じるには線が細すぎる」として選考から外れていたが、本人の熱心な売り込みと、空手で鍛えたボクシングにはない軌道のパンチが監督・脚本・主演のシルヴェスター・スタローンの目に留まり、スタローンと共にウエイトトレーニングに励んだ結果、ほぼ筋肉のみで25ポンド(約11.3kg)の増量に成功。これによりドラゴ役を正式に打診され、アクション俳優としての大きな飛躍のきっかけを作った(スタローンとはその後、2010年の映画『エクスペンダブルズ』でも共演し、2018年には『クリード 炎の宿敵』で再びドラゴとロッキーの役で共演している)。これ以降、一貫してアクション映画への出演に拘り、『ディフェンダー』『レッド・リベンジャー』では監督業にも進出している。

1996年に開催されたアトランタオリンピックでは、近代五種競技のチームリーダーを務めた。

人物[編集]

スウェーデン王立工科大学[2]シドニー大学ワシントン州立大学[2]マサチューセッツ工科大学(MIT)で数学物理学化学を学んだ。シドニー大学では修士を取得。フルブライト奨学金を得てMITに進んだ。上記の留学により、母国語であるスウェーデン語の他に英語ドイツ語フランス語日本語を使いこなし、さらには知能指数が160であるとも言われているが、それらについては本人は否定している[3]

1994年にジュエリーデザイナーのAnette Qvibergと結婚[4]1996年に長女、2002年に次女が誕生した[5]

出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
1985 007 美しき獲物たち
A View To A KIll
ヴェンス TBA
ロッキー4/炎の友情
Rocky IV
イワン・ドラゴ 若本規夫TBS版)
大塚明夫テレビ朝日版)
1987 マスターズ/超空の覇者
Masters of the Universe
HE-MAN 玄田哲章テレビ東京版)
大塚明夫(テレビ朝日版)
1988 レッド・スコルピオン
Red Scorpion
ニコライ・ラチェンコ 大塚明夫(ソフト・日本テレビ版共通)
1989 パニッシャー
The Punisher
フランク・キャッスル 大塚明夫
1990 ダークエンジェル
I Come in Peace / Dark Angel
ジャック・ケイン
1991 デスロック/戦略ガス兵器を追え!
Cover Up
マイク・アンダーソン
リトルトウキョー殺人課
Showdown in Little Tokyo
クリス・ケナー
1992 ユニバーサル・ソルジャー
Universal Soldier
アンドリュー・スコット / GR13 大塚明夫(ソフト・テレビ朝日版共通)
1993 バニシング・レッド
Joshua Tree
ウェルマン・アンソニー・サンティ
1994 ソルジャー・ゴールド
Pentathlon
エリック・ブロガー 出演・製作総指揮 大塚明夫(VHS版)
西垣俊作(DVD版)
メン・オブ・ウォー
Men of War
ニック・ガナー 大塚明夫
1995 JM
Johnny Mnemonic
カール牧師 青野武
シューター
The Shooter
マイケル・デイン 大塚明夫
1996 スナイパー/狙撃
Silent Trigger
ワックスマン 大塚明夫(ソフト・テレビ東京版共通)
1997 ピースキーパー
The Peacekeeper
フランク・クロス 大塚明夫(ソフト・テレビ朝日版共通)
1998 ブラックジャック
Blackjack
ジャック テレビ映画
ヘブンズ・ゲート
The Minion
ルーカス・サドロフ 大塚明夫
スウィーパーズ
Sweepers
クリスチャン・エリクソン
1999 ブラック・ソルジャー
Bridge of Dragons
ウォーチャイルド
ドルフ・ラングレン ストーム・キャッチャー
Storm Catcher
ジャック・ホロウェイ
2000 ジルリップス
Jill Rips
マット・ソレンソン 山路和弘
ラストパトロール
The Last Patrol
ニック・プレストン 安井邦彦
エージェント・レッド
Agent Red
マット・ヘンドリックス 石塚運昇
2001 ドルフ・ラングレン in エリミネイト・ソルジャー
Hidden Agenda
ジェイソン・プライス
2003 ドルフ・ラングレン in ディテンション
Detention
サム・デッカー 谷昌樹
2004 ブラック・スコルピオン
Direct Action
フランク・ギャノン 飯島肇

Fat Slags
Randy
ディフェンダー
The Defender
ランス・ロックフォード 監督・出演 大塚明夫
ドルフ・ラングレン in レトログレイド2204
Retrograde
ジョン・フォスター 中田譲治
2005 レッド・リベンジャー
The Mechanik
ニコライ・チェレンコ 監督・脚本・出演 山路和弘
2006
L'inchiesta
Brixos
2007 ターゲットゼロ
Diamond Dogs
ザンダー・ロンソン
バトル・ライダー
Missionary Man
ライダー 監督・脚本・出演 小杉十郎太
2009 ガーディアン
Direct Contact
マイク
レッド・コマンダー
Command Performance
ジョー 監督・脚本・出演
ユニバーサル・ソルジャー:リジェネレーション
Universal Soldier: Regeneration
アンドリュー・スコット 山路和弘
2010 ドルフ・ラングレン ザ・リベンジャー
Icarus
エドワード・ジェン/イカロス 監督・出演 内海賢二
エクスペンダブルズ
The Expendables
ガンナー・ヤンセン 大塚明夫
2011 デス・リベンジ2
In the Name of the King 2: Two Worlds
グランジャー 西垣俊作
2012 スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち
Small Apartments
メノックス 山野井仁
ドルフ・ラングレン ダブル・トリガー
Stash House
アンディ・スペクター 出演・製作総指揮 山路和弘(オンデマンド版)
ASSASSIN アサシン
One In The Chamber
アレクセイ (吹き替え版なし)
エクスペンダブルズ2
The Expendables 2
ガンナー・ヤンセン 大塚明夫
ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録
Universal Soldier: Day Of Reckoning
アンドリュー・スコット 谷昌樹
2013 マキシマム・ブロウ
The Package
ジャーマン
レイク・モンスター 超巨大UMA出現!
Legendary
ハーカー TBA
バトル・ハザード
Battle of the Damned
マックス・ガトリング少佐 山野井仁
レイジング・コップス
Ambushed
マックスウェル
アウトレイジ・ギャング
Blood of Redemption
アクセル
2014 ジャスティス・ウォー 〜正義の代償〜
A Certain Justice
ホリス 大塚明夫
エクスペンダブルズ3 ワールドミッション
The Expendables 3
ガンナー・ヤンセン
バトルヒート
Skin Trade
ニック・キャシディ 出演・脚本・製作
2015 米軍極秘部隊ウォー・ピッグス
War Pigs
ハンス・ピコー大尉 大羽武士
アルティメット・エージェント
4Got10
ボブ・ルーカー
ドルフ・ラングレン 処刑鮫
Shark Lake
クリント・グレイ 出演・製作総指揮 大塚明夫
暴動/バトル・プリズン
Riot
ウィリアム

Malchishnik
Natasha's Husband
2016 ヘイル、シーザー!
Hail, Caesar!
ソ連潜水艦の艦長 TBA
キンダガートン・コップ2
Kindergarten Cop 2
ザック・リード 大塚明夫
ドルフ・ラングレン ゾンビ・ハンター
Don't Kill It
ジェバダイア・ウッドリー 山野井仁
ファイトクラブ・レディズ
Female Fight Club
ホルト TBA

Welcome to Willits
デレク
2017 プリズン:インポッシブル
Larceny
ジャック 日本劇場未公開
DVD発売
(吹き替え版なし)
ハイジャック・ゲーム
Altitude
マシュー・シャープ 山野井仁
デッドトリガー
Dead Trigger
ケイル・ウォーカー 2019年4月5日公開

Tour de Pharmacy
Gustav Ditters テレビ映画
カメオ出演
シャークネード5 ワールド・タイフーン
Sharknado 5: Global Swarming
大人になったギル 宮本克哉
2018 スティール・サンダー
Black Water
マルコ 綿貫竜之介
クリード 炎の宿敵
Creed II
イワン・ドラゴ 板取政明
アクアマン
Aquaman
ネレウス王 広瀬彰勇
2019
The Tracker
Aiden Hakansson ポストプロダクション

Hard Night Falling
Michael Anderson

Malevolence
Brandon Jones

テレビシリーズ[編集]

放映年 邦題
原題
役名 備考 吹き替え
2012 CHUCK/チャック
Chuck
マルコ 第4シーズン第1話「チャック VS 記念日」 菅原正志
2016-2017 ARROW/アロー
ARROW
コンスタンティン・コヴァール 計6話出演 大友龍三郎
2017
Broken Sidewalk
パイロット版

脚注[編集]

  1. ^ Dolph Lundgren on The Tonight Show Part 1. Joan River's The Tonight Show.. http://www.youtube.com/watch?v=iYNeJ56fUeQ&feature=related 2011年5月22日閲覧。 
  2. ^ a b Biography”. Dolph Lundgren.com (Official website). 2011年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月22日閲覧。
  3. ^ The Graham Norton show. Channel 4.. (2003年) 
  4. ^ Dolph Lundgren in Marbella Interview”. IOH Magazine. 2012年3月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年5月30日閲覧。
  5. ^ Bio”. Dolph:The Ultimate Guide. 2011年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]