山東京山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山東 京山(さんとう きょうざん、明和6年6月15日1769年7月18日)-安政5年9月24日1858年10月30日))は、江戸時代後期の戯作者。本名は岩瀬 百樹(いわせ ももき)。は鉄梅。号は覧山・涼仙。山東京伝は兄。

略歴[編集]

江戸深川質屋の次男として生まれる。幼時に漢学や書画を学び、寛政3年に叔母猪飼氏養子となって篠山藩に仕えるが8年後に致仕する。その後、2度の結婚に失敗後に京橋に住まいを構え、篆刻合巻読本執筆を業とした。

北越雪譜』二編 巻一(鈴木牧之著、天保12年(1841年)刊)

文化4年(1807年)に出された『復讐妹背山物語』や天保6年(1835年)の『昔模様娘評判記』が代表作であるが、ライフワークになった『大晦日曙草子』(天保10年(1839年)開始)や『教草女房形気』(弘化3年(1846年))など、婦女子を対象とした平易で温雅な作風に様々な教訓を盛り込んだ話を得意とした。また弘化4年(1847年)に書かれた随筆『歴代女装考』は近世風俗考証の上で貴重な史料となっている。90歳で亡くなるまで積極的に執筆活動を行った。

鈴木牧之北越雪譜』の刊行にあたり「京山人百樹」名義で同書の刪定(添削・修正)に当たったことでも知られる。

外部リンク[編集]