SPY/スパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SPY/スパイ
Spy
監督 ポール・フェイグ
脚本 ポール・フェイグ
製作 ポール・フェイグ
ジェシー・ヘンダーソン
ピーター・チャーニン
ジェンノ・トッピング
製作総指揮 ジョン・J・ケリー
マイク・ラロッカ
出演者 メリッサ・マッカーシー
ジェイソン・ステイサム
ローズ・バーン
ミランダ・ハート英語版
ボビー・カナヴェイル
アリソン・ジャニー
ジュード・ロウ
音楽 セオドア・シャピロ
撮影 ロバート・D・イェーマン
編集 ブレント・ホワイト英語版
メリッサ・ブレターソン
製作会社 Chernin Entertainment
Feigco Entertainment
TSG Entertainment
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2015年5月15日(SXSW
アメリカ合衆国の旗 2015年6月5日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 120分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $65,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $235,666,219[2]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $110,825,712[2]
テンプレートを表示

SPY/スパイ』(Spy)は、2015年に公開されたポール・フェイグ監督によるアメリカ合衆国アクションコメディ映画である[3]。この映画にはメリッサ・マッカーシージェイソン・ステイサムローズ・バーン、ミランダ・ハート、ボビー・カナヴェイルアリソン・ジャニージュード・ロウが出演している。この映画はCIAの内勤分析官、スーザン・クーパー (演:マッカーシー) がスーツケース型核爆弾の闇取引を阻止しようと現場のエージェントになる姿を描いている。配給は20世紀フォックス、製作にフェイグコ・エンターテインメントとチャーニン・エンターテインメントが務め、アメリカ合衆国で2015年6月5日に公開された。公開にあたり、作品は批評家から賞賛され、23,200万ドル以上の収益を生んだ[4]。作品は71の国と地域でアメリカと同時期に公開され、台湾大韓民国フィリピンといった日本近隣国でも公開されているにも関わらず、日本では劇場公開されずビデオスルーとなった[5]

内容[編集]

CIAの内勤分析官スーザン・クーパー (演:メリッサ・マッカーシー) はワシントンD.C.エリアにあるCIAオフィスからヴァルナで任務を遂行する彼女のパートナーエージェントのブラッドリー・ファイン (演:ジュード・ロウ) をサポートしていた。ミッション中、ファインはスーツケース型核爆弾の隠し場所を唯一知るティホミル・ボヤノフを誤って撃ち殺してしまう。 CIAはボヤノフの娘レイナ (演:ローズ・バーン) が彼女の父親の爆弾の隠し場所を知っているかもしれないとにらみ、ファインに彼女の家へと潜入させる。しかしスーザンがオンラインで見ている中、ファインはレイナに射殺されてしまった。射殺する直前、レイナはファインとリック・フォード (演:ジェイソン・ステイサム) を含むCIAのトップエージェントの身元を知っていると発言。そこでレイナに身元がバレていないスーザンが現場エージェントになると申し出、彼女の上司エレイン・クロッカー (演:アリソン・ジャニー) はそれを許可した。スーザンに任務が与えられたことに嫌気がさしたフォードはCIAを去る。

スーザンはセルジオ・デ・ルーカ (演:ボビー・カナヴェイル) を監視するためパリへ送られる。 同じ頃、フォードもデ・ルーカを追ってパリに来ていた。スーザンはデ・ルーカに雇われた暗殺者ニコラ(演:ジュリアン・ミラー)と連絡係 (演:ナルヒス・ファクフリ英語版) が、フォードのリュックを爆弾が入ったものを取り替えるのを目撃する。スーザンはフォードに警告し、暗殺者ニコラを追い詰めるものの、戦っている間に誤って殺してしまう。スーザンがニコラの遺留品であるデジタルカメラのデータを確認すると、隠し撮りと思われるフォードの写真が多数出て来た。確認中、ニコラのもろ出し自撮り画像がスパイ本部のモニターにでかでかと表示されてしまうが、動画にはデ・ルーカの姿があった。 スーザンはデ・ルーカを追ってローマへ行き、そこで呑気なイタリア人連絡係のアルド (演:ピーター・セラフィノウィッチ) と落ち合う。スーザンはカジノでレイナと会い、彼女の暗殺を阻止することによって信頼を得る。レイナのプライベートジェットでブダペストへ向かう途中、キャビンアテンダントがレイナを殺すためボディーガードとパイロットを殺すが、スーザンが彼を制圧し飛行機をブダペストで着陸させた。レイナはスーザンがCIAのスパイだとにらむが、スーザンはレイナに父親が雇ったボディーガードであると信じ込ませる。 ブダペストには、クロッカーに援護として派遣されたスーザンの親友ナンシー (演:ミランダ・ハート英語版) が居た。通りで銃撃を受けた後、スーザンはナンシーにレイナを保護しろと頼み、銃撃犯の車を追う。銃撃犯はCIAの二重スパイ、カレン・ウォーカー (演:モリーナ・バッカリン) であり、彼女はレイナにエージェントの名前を売った張本人だった。彼女がスーザンを撃とうとした時、ウォーカーは謎のスナイパーによって射殺される。 その日の夜、スーザンとナンシー、アルドは核爆弾の買い手と会うため、レイナに同行する。連絡係はデ・ルーカの仲間のリア (演:ナルヒス・ファクフリ) であった。ナンシーはスーザンがプロの殺し屋であるリアと戦えるように、会場の注意を引く。その時ファインが現れリアを殺し、レイナと恋仲になるために自分の死を偽造したことが明らかになる。

スーザンが捕まった後、ファインは死を偽装した本当の理由を明かす。レイナの信頼を得ないとわからない、核爆弾のありかを知るためだと語った。スーザンは逃走し、デ・ルーカの豪邸でCIAの二重スパイと偽り、レイナ、ファインと手を組む。 チェチェン人テロリストのソルサ・ドゥディエフ (演:リチャード・ブレイク) と彼の取り巻きがスーツケース一杯のダイアモンドと交換に、核爆弾を買いにやってきた。レイナは核爆弾のありかを明かす。しかし爆弾を手にしたデ・ルーカが、ドゥディエフが安全にアメリカ合衆国に密輸できるのか疑問に思い、彼と取り巻きを殺し、ダイアモンドをも奪う。デ・ルーカはニューヨーク市に1週間以内に密輸できる誰かに爆弾を売るつもりだった。デ・ルーカがレイナを殺そうとすると、フォードが登場し注意をそらさせたため、またスーザンがレイナの命を救うこととなる。

デ・ルーカは核爆弾とダイアモンドを持って、自分のヘリコプターへと逃走する。スーザンとフォードはヘリの着地ギアへしがみつくが、フォードは手を滑らせ湖へ落ち、スーザンはヘリでデ・ルーカと一騎討ちになる。別のヘリで応援に駆けつけたナンシーとアルドがデ・ルーカを殺し、スーザンを助け、核爆弾は現場へ駆けつけたクロッカーが取り戻した。 レイナは逮捕されたものの、スーザンとの間には友情が芽生えたようだ。アルドはスーザンに、本名はアルバートでMI6のエージェントであると明かす。スーザンをディナーとデートに誘い、スーザンは誘いを受けた。スーザンは同じようにファインから誘いを受けるが、ナンシーとガールズナイトに出かけるからと断る。 翌朝スーザンがベッドで目を開けると、隣にはフォードが居た。スーザンは空のシャンパンボトルとフォードと寝たことに気付き、悲鳴をあげる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ

制作[編集]

デベロップメント[編集]

2013年6月18日、ポール・フェイグ20世紀フォックスのため『スーザン・クーパー』という女性スパイコメディ映画の脚本と監督を務めると発表された[3]ピーター・チャーニンとジェンノ・トッピングもチャーニン・エンターテインメントの名目のもと制作に関わった[6]。2013年11月12日、フォックスは公開日を2015年5月22日だと発表した[7]。2014年3月28日、作品のタイトルが『スパイ』へと変更された[8]

キャスティング[編集]

2013年7月25日、メリッサ・マッカーシーがコミカルなジェームズ・ボンドの女性版の主役スーザン・クーパーの出演交渉に入っていると確認された[9]。10月17日、ローズ・バーンも出演陣に加わった[10]。10月21日、ジェイソン・ステイサムがフェイグと出演について話し合っていると報じられ[11]、2014年2月26日に加わった[12]。2014年3月6日、俳優ジュード・ロウが出演について最終交渉に入っていると報じられた[13]。3月12日、国際的に知られた女優ナルヒス・ファクフリが彼女のハリウッドデビュー作となる、シークレットエージェント役で出演することが明らかになった[14]。3月28日、ミランダ・ハートも出演が決まり[15]ボビー・カナヴェイルニア・ロングが最終交渉だと報じられた。 (ロングは完成版では登場していない。)[8] 4月1日、50セントが本人役で出演が決まった[6]。4月24日、フェイグはファクフリの役とさらに2人の俳優: ピーター・セラフィノウィッチとブジョーン・グスタフッソンの出演を認めた[16]。4月30日、モリーナ・バッカリンアリソン・ジャニーの2人とも出演陣に加わった。バッカリンはCIAのトップスパイを演じ[17]、ジャニーはCIAのスーザンの上司、エレイン・クロッカーを演じた[18]。5月2日、ザック・ウッズが出演陣に加わった[19]。5月29日、ジェシカ・チャフィンも加わった[20]

撮影[編集]

主な撮影は2014年3月31日に、ハンガリーブダペストで始まった[15][21]。5月27日には、ブダペストでの撮影がほぼ完了していた[22]。 税金対策として、建物やロケーションをパリといった他の舞台として使用できるため、主な撮影はブダペストで行われた[23]

公開[編集]

作品はもともと20世紀フォックス配給で2015年5月22日に公開される予定だった[7]。2015年3月に、『B.O.O.: Bureau of Otherworldly Operations』と『Paper Towns』の公開予定日であった2015年6月5日に変更され、この2作品は7月へ変更された[24]。作品の公式な公開の 前に、ポール・フェイグは『SPY/スパイ』は10回ほど、観客の笑い声を録音した試写会を行った。彼は心を込めジャド・アパトー(フェイグ監督作『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』で制作を担当した)と行い、このコメディ映画にとっての有益性について「気難しくなってしまう映画を作るなら、全く役に立たない。デヴィッド・リンチの映画を作るなら、この作業は全く役に立たない」とコメントしている[25]

評価[編集]

興行収入[編集]

2015年8月2日 (2015-08-02)現在、『SPY/スパイ』は予算6,500万ドルにも関わらず、北米で10,880万ドルと他の地域で12,360万、全世界で23,240万ドル収入した[26]

北米で、木曜日の夜に行われた先行上映で150万ドル収入し[27]、公開初日には3,711劇場でおよそ1.030万ドル収入をあげ、興行収入で『インシディアス:第3章』に続いて第2位の成績をあげた[28]。公開最初の週末の興行収入に2,900万ドルで1位を記録した[29]

北米以外で、『SPY/スパイ』は2015年5月22日に10の外国市場で公開され、公開週末に1,810劇場で1,270万ドル収入をあげ、興行収入で第4位であった (『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『トゥモローランド』と『ピッチ・パーフェクト2』の次す)[30]。イギリス、アイルランドとマルタでは、390万ドルだった[31]。作品は大韓民国 (480万ドル)、ロシア (310万ドル)、オーストラリア (290万ドル)、メキシコ (160万ドル) と台湾 (130万ドル) で好成績をあげた[30][31]

評論家の反応[編集]

『SPY/スパイ』は好意的な評価を受けており、マッカーシーとバーンの演技とステイサムの意外なコメディの演技が賞賛されている[32][33]。レビューサイトのRotten Tomatoesは197のレビューで95%好意的な評価を得て平均 7.3/10 を記録している。サイトの意見として「『SPY/スパイ』はメリッサ・マッカーシーと監督/脚本のポール・フェイグのコンビは最高で、腹の底から笑えた」と評している[34]。通常のレイティングを行うMetacriticでは40のレビューで100点中75点を得て、『比較的好意的』であった[35]。CinemaScoreの投票で、作品は A+ から F の範囲で平均 B+ であった[28]

『Huffington Post』の映画レビューはマッカーシーの演技を評しているが、作品については「デブのジョークが多すぎで、多くのシーンでスーザンの体重や体型が指摘されている」と批判的な意見をあげている[36]

[編集]

部門 受賞者と候補者 結果
ティーン・チョイス・アワード 夏のコメディ映画 未決定
夏の映画スター: 女性 メリッサ・マッカーシー 未決定
映画: キレやすい人 未決定
夏の映画: 悪役   ローズ・バーン 未決定

参考文献[編集]

  1. ^ SPY (15)”. British Board of Film Classification (2015年4月17日). 2015年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c Spy” (英語). Box Office Mojo. 2016年5月20日閲覧。
  3. ^ a b Sneider, Jeff (2013年6月18日). “Paul Feig Developing Female James Bond Comedy 'Susan Cooper'”. thewrap.com. http://www.yudhismov.com/movies/4504-spy 2014年2月21日閲覧。 
  4. ^ “'Spy' - Movie Review”. http://post.jagran.com/spy-movie-review-1434705464 2015年6月19日閲覧。 
  5. ^ Global Release Dates”. 2015年8月3日閲覧。
  6. ^ a b Kit, Borys (2014年4月1日). “50 Cent Joins Melissa McCarthy in 'Spy'”. http://www.hollywoodreporter.com/news/50-cent-joins-melissa-mccarthys-692779 2014年4月3日閲覧。 
  7. ^ a b Ford, Rebecca (2013年11月12日). “Fox Shifts 'Fantastic Four' Reboot to Summer 2015, Dates Paul Feig's 'Susan Cooper'”. hollywoodreporter.com. http://www.yudhismov.com/movies/4504-spy 2014年2月21日閲覧。 
  8. ^ a b Kit, Borys (2014年3月28日). “Bobby Cannavale, Nia Long in Talks to Join 'Spy'”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/bobby-cannavale-nia-long-talks-692020 2014年3月29日閲覧。 
  9. ^ McNary, Dave (2013年7月25日). “Melissa McCarthy May Play Female James Bond in Comedy”. variety.com. http://variety.com/2013/film/news/melissa-mccarthy-may-play-female-james-bond-in-comedy-1200568311/ 2014年2月21日閲覧。 
  10. ^ Sneider, Jeff (2013年10月17日). “‘Bridesmaids’ Reunion: Rose Byrne to Join Melissa McCarthy in Paul Feig’s Spy Comedy”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/bridesmaids-reunion-rose-byrne-join-melissa-mccarthy-paul-feigs-spy-comedy-exclusive/?utm_source=rss&utm_medium=rss&utm_campaign=bridesmaids-reunion-rose-byrne-join-melissa-mccarthy-paul-feigs-spy-comedy-exclusive 2014年2月21日閲覧。 
  11. ^ Fleming Jr, Mike (2013年10月21日). “Jason Statham Eyes Spy Role With Melissa McCarthy In Fox Comedy ‘Susan Cooper’”. deadline.com. http://www.deadline.com/2013/10/jason-statham-eyes-spy-role-with-melissa-mccarthy-in-fox-comedy-susan-cooper/ 2014年2月21日閲覧。 
  12. ^ Kroll, Justin (2014年2月26日). “Jason Statham to Join Melissa McCarthy in Fox’s ‘Susan Cooper’”. variety.com. http://variety.com/2014/film/news/jason-statham-melissa-mccarthy-in-foxs-susan-cooper-1201121612/ 2014年2月27日閲覧。 
  13. ^ Sneider, Jeff (2014年3月6日). “Jude Law Nearing Deal to Join Melissa McCarthy's Spy Comedy ‘Susan Cooper’”. thewrap.com. http://www.thewrap.com/jude-law-nearing-deal-join-melissa-mccarthys-spy-comedy-susan-cooper-exclusive/ 2014年3月7日閲覧。 
  14. ^ Qazi, Umer (2014年3月12日). “American born Pakistani-Czech ethnic actress Nargis Fakhri to appear in Hollywood film featuring Jason Statham”. brecorder.com. http://www.brecorder.com/arts-a-leisure/50-movies/162016-nargis-fakhri-to-appear-in-hollywood-film-featuring-jason-statham.html 2014年4月3日閲覧。 
  15. ^ a b Fleming Jr, Mike (2014年3月28日). “Paul Feig Taps Miranda Hart For Female Spy Comedy”. deadline.com. http://www.deadline.com/2014/03/paul-feig-taps-miranda-hart-for-female-spy-comedy/ 2014年3月28日閲覧。 
  16. ^ Fleming Jr, Mike (2014年4月24日). “Paul Feig Taps Offshore Talent For Melissa McCarthy Spy Tale”. deadline.com. http://www.deadline.com/2014/04/paul-feig-taps-offshore-talent-for-melissa-mccarthy-spy-tale/ 2014年4月25日閲覧。 
  17. ^ Kit, Borys (30 April 2014). “'Homeland' Actress Morena Baccarin Joins Melissa McCarthy in 'Spy'”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/homeland-actress-morena-baccarin-joins-700299 2014年5月8日閲覧。 
  18. ^ Patten, Dominic (2014年4月30日). “Allison Janney Joins Powerhouse Cast Of Paul Feig’s ‘Spy’”. deadline.com. http://www.deadline.com/2014/04/allison-janney-spy-cast-melissa-mccarthy-paul-feig-cbs-mom/ 2014年5月8日閲覧。 
  19. ^ “Zach Woods Cast In ‘Spy’”. deadline.com. (2014年5月2日). http://www.deadline.com/2014/05/adrian-lester-joins-grey-lady-zach-woods-cast-in-spy/ 2014年5月8日閲覧。 
  20. ^ Ford, Rebecca (2014年5月29日). “'New Girl' Actress Joins Paul Feig's 'Spy'”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/new-girl-actress-joins-paul-708069 2014年6月2日閲覧。 
  21. ^ “ON THE SET FOR 3/31/14: PAUL FEIG AND MELISSA MCCARTHY START ‘SPY’ AND MICHAEL FASSBENDER WRAPS ‘MACBETH’”. studiosystemnews.com. (2014年3月31日). http://www.studiosystemnews.com/on-the-set-for-33114-paul-feig-melissa-mccarthy-start-spy-michael-fassbender-wraps-macbeth/ 2014年4月3日閲覧。 
  22. ^ Kauri (2014年5月27日). “Melissa McCarthy Movie ‘Spy’ filming in Budapest”. onlocationvacations.com. http://www.onlocationvacations.com/2014/05/27/melissa-mccarthy-movie-spy-filming-in-budapest/ 2014年5月29日閲覧。 
  23. ^ Iain Blair (2015年5月1日). “Director's Chair: Paul Feig -- 'Spy'”. Post Magazine. 2015年6月15日閲覧。
  24. ^ Lesnick, Silas (2015年3月4日). “20th Century Fox Shifts Dates for Spy, Poltergeist and Paper Towns”. comingsoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/news/416235-20th-century-fox-swaps-shifts-dates-for-spy-poltergeist-and-paper-towns 2015年3月9日閲覧。 
  25. ^ Melena Ryzik (2015年5月1日). “The Director Paul Feig Prepares ‘Spy’ With Melissa McCarthy”. The New York Times. 2015年6月15日閲覧。
  26. ^ Spy (2015)”. Amazon.com. 2015年7月31日閲覧。
  27. ^ Anthony D'Alessandro (2015年6月5日). “‘Insidious: Chapter 3′, ‘Spy’ Get The Busy Frame Started With Previews – Box Office”. 'Deadline.com'. (Penske Media Corporation). 2015年6月5日閲覧。
  28. ^ a b Pamela McClintock (2015年6月6日). “Box Office: 'Spy' Laughs Past Rival Comedy 'Entourage,' Horror Film 'Insidious 3'”. The Hollywood Reporter. (Prometheus Global Media). 2015年6月6日閲覧。
  29. ^ Keith Simanton (2015年6月7日). “Weekend Report - 'Spy' Eyes $30M Weekend”. Box Office Mojo. (Amazon.com). 2015年6月9日閲覧。
  30. ^ a b Nancy Tartaglione and Kinsey Lowe (2015年5月26日). “‘Tomorrowland’s $74.7M Global Bow; ‘Pitch Perfect 2′ Singing $190.4M Cume; ‘Mad Max’ Smokin’ $227.7M – Wwide B.O. Update”. 'Deadline.com'. (Penske Media Corporation). 2015年6月5日閲覧。
  31. ^ a b Nancy Tartaglione and Anita Busch (2015年6月8日). “‘San Andreas’ Has Seismic $97.7M Frame; ‘Spy’ Crosses $50M – Intl B.O. Final”. 'Deadline.com'. (Penske Media Corporation). 2015年6月9日閲覧。
  32. ^ Melissa McCarthy’s Best Role Yet: From ‘Bridesmaids’ to Ass-Kicking CIA ‘Spy’”. The Daily Beast. 2015年3月19日閲覧。
  33. ^ Justin Chang. “‘Spy’ Review: A Brilliant Showcase for Melissa McCarthy - Variety”. Variety. 2015年3月19日閲覧。
  34. ^ Spy”. Rotten Tomatoes. 2015年6月5日閲覧。
  35. ^ Spy Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2015年6月6日閲覧。
  36. ^ 'Spy' Is Wonderful, But Melissa McCarthy Still Deserves More”. The Huffington Post. 2015年6月6日閲覧。

外部サイト[編集]