デス・レース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デス・レース
Death Race
監督 ポール・W・S・アンダーソン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
原案 ポール・W・S・アンダーソン
原作 オリジナル脚本
ロバート・ソム
チャールズ・グリフィス
オリジナル原案
イブ・メルキオー
製作 ポール・W・S・アンダーソン
ポーラ・ワグナー
ジェレミー・ボルト
製作総指揮 ロジャー・コーマン
デニス・E・ジョーンズ
ドン・グレンジャー
ライアン・カヴァノー
出演者 ジェイソン・ステイサム
音楽 ポール・ハスリンジャー
撮影 スコット・キーヴァン
編集 ニーヴン・ハウィー
製作会社 クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
レラティビティ・メディア
インパクト・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 2008年8月22日
日本の旗 2008年11月29日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $75,677,515[1]
次作 デス・レース2
テンプレートを表示

デス・レース』(原題: Death Race)は2008年アメリカ映画。カルト的な人気を誇った『デス・レース2000年』のリメイクである。

オリジナル版同様、B級映画の帝王と称されるロジャー・コーマンがプロデューサーを務め、オリジナル版で主演"フランケンシュタイン"を務めたデヴィッド・キャラダインが、先代"フランケンシュタイン"の声でカメオ出演している。本作ではオリジナル版とはレースの趣旨が違い、人を轢き殺すことで点数を稼ぐというルールはなく、レーサーたちによるデスマッチに留められている。

あらすじ[編集]

2012年、経済的危機に陥り治安が悪化したアメリカ。民営化された刑務所では囚人に武装カーによる過激なレースを行わせ、それをネット中継するというデス・レースが人気を呼んでいた。レースで勝利したものには自由が与えられるが、負けた者は無惨な死が待っている。ある日、妻殺しの冤罪で投獄された元レーサーのジェンセンは前回のレースで戦死した人気レーサーである"フランケンシュタイン"としてデス・レースに参加することになる。

彼の前に立ちはだかるのは、先代"フランケンシュタイン"を殺害した黒人のマシンガン・ジョー、刑務所内の"白人同盟"のリーダーであるパチェンコ、中華系のインテリ犯罪者14K、全身に刺青を入れ刑務所長を崇拝するグリム、ジェンセンと同じ元レーサーで、飲酒運転による傷害致死で服役中のコルト、その他カーソン、リギンス、サイアドといった凶悪犯ばかりのレーサー達。助手席に乗るナビゲーターの美女ケースとともに、ジェンセンは凄惨なレースを生き残っていくうちに、そもそもの原因である妻殺しの真相にたどり着く。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジェンセン・エイムズ ジェイソン・ステイサム 山路和弘
ウォーデン・ヘネシー ジョアン・アレン 小山茉美
コーチ イアン・マクシェーン 小川真司
エリザベス・ケース ナタリー・マルティネス 木下紗華
マシンガン・ジョー・メイソン タイリース・ギブソン 竹田雅則
ウーリック ジェイソン・クラーク 牛山茂
パチェンコ マックス・ライアン 青山穣
ガナー ジェイコブ・バルガス 北沢力
リスト フレデリック・コーラー 遠藤純一
ヘクター・グリム ロバート・ラサード
14K ロビン・ショウ 中川慶一
フランケンシュタインの声 デヴィッド・キャラダイン 木村雅史

登場車[編集]

本作で使用される車はリメイク元と違い、実在の車に防弾装甲や機関銃やミサイルランチャーなどを装備したデザインとなっている。剣のプレートを踏むと前方への攻撃用の銃火器、盾のプレートを踏むと後方への迎撃用の装備がアンロックされる。緊急時に備え全ての車両の武器をロックする「キル・スイッチ」を司令室が有している。

ボンネットに2挺のM134ミニガンが搭載されており(冒頭のレースでは3挺のMG42)、剣のプレートを踏むとそれらが使用可能になる。盾のプレートを踏むとスモーク(煙幕)、ナパーム(焼夷弾)、オイルが使用可能になる他、リア部の厚さ15cmの鉄板「墓石」は緊急時にはタンクが剥き出しになる代わりに実体弾としてパージする事も可能。終盤にはキル・スイッチ対策でタンクを焼夷弾代わりに射出する機能とその代わりの1.9lのサブタンクが追加された。

ボンネットに4挺のブローニングM1919A4、両サイドに一対のM61バルカンを搭載している。優勝者を決める第3レースのみ、ルーフに6挺のRPG-7を搭載する。

ボンネットに4挺のMG34機関銃、グリル付近に2挺のPPSh-41と2挺のウージー9mm短機関銃、リア部装甲に3挺のブローニングM1919A4機関銃を搭載している。

フロントに2挺のMG42機関銃と4連装ロケットランチャー、両サイドに5対の迫撃砲、リアウィンドウに4発の対地ミサイルを搭載している。

ボンネットに3挺のFN MAG機関銃、ルーフにロケットランチャーを搭載している。

ボンネットに2挺のブローニングM2HB機関銃を搭載している。

ルーフにM1919A4機関銃、リアウィンドウにM134ミニガンを搭載している。

助手席に2挺のブローニングM37を、リア部装甲に六方手裏剣型の撒き菱を搭載している。

複座型航空機風の改造がなされ、元々助手席があった位置に大型のフラッシュハイダー付きM134ミニガンを搭載している。

通称「戦艦(ドレッドノート)」。所長が刑務所内で囚人立ち入り禁止にして造らせた武装トレーラー。荷台部分はタンクローリーを改造したもので、リアに戦車砲、サイドに火炎放射器、車体上部にミニガン、ホイールにはパンクスピナーが装備されている。第2レース中盤に乱入し、参加者をジェンセン、ジョーの2名を残し虐殺。しかし2人の罠に嵌り、ドクロマークにより出現したバリケードにフルスピードで突っ込んで呆気なく大破した。

脚注[編集]

  1. ^ a b Death Race (2008)”. Box Office Mojo. 2009年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]