バンク・ジョブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バンク・ジョブ
The Bank Job
監督 ロジャー・ドナルドソン
脚本 ディック・クレメント
イアン・ラ・フレネ
製作 スティーヴン・チャスマン
チャールズ・ローヴェン
製作総指揮 ジョージ・マクインドゥ
ライアン・カヴァノー
アラン・グレイザー
クリストファー・マップ
出演者 ジェイソン・ステイサム
サフロン・バロウズ
音楽 J・ピーター・ロビンソン
撮影 マイケル・コールター
編集 ジョン・ギルバート
配給 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ムービーアイ
公開 イギリスの旗 2008年2月28日
日本の旗 2008年11月22日
上映時間 110分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $64,448,557[1]
テンプレートを表示

バンク・ジョブ』(原題:The Bank Job)は、2008年公開のイギリス映画1971年にロンドンで実際に起こった銀行強盗事件(Baker Street robbery)(「ウォーキートーキー強盗」ともいう)をモデルにしている。

ストーリー[編集]

テリーはかつて裏社会に身を置いていたが、妻子3人のために足を洗い、現在は中古車店を経営していた。もっとも経営は順調とは言えず、ギャングの高利貸しに嫌がらせを受けていた。そこに旧知のモデル、マルティーヌが、警報装置の交換を行う銀行の地下貸金庫を襲おうという話をもってきた。貸金庫には隠し資産などの人に知られてはならない物ばかりなので被害届も出しにくいという。テリーは友人ら5人を誘い、計画を練る。

1971年9月のある日曜日、ロンドンベイカー・ストリート185番地のロイズ銀行に強盗団が押し入る。テリーたちは銀行の2つ隣の店を買い取り、そこから銀行の地下金庫まで15メートルほどのトンネルを掘ったのだった。途中、17世紀のペスト禍で死んだ人々の地下墳墓を掘り当て、これが銀行の真下まで続いていたことで、作業は飛躍的に進む。穴掘り作業中、近くの建物に見張りを立たせ、無線(ウォーキートーキー)を使って連絡しているのをアマチュア無線家に傍受されてしまう。しかし、警察はアマチュア無線家の通報を当初相手にせず、また、真面目に取り上げてからも、具体的にどこの銀行が襲われるか分からず、総当りに当たることにする。貸金庫に入って大はしゃぎで金品を物色するテリーたち。ちょうどそのとき、パトカーがロイズ銀行にやってくる。金庫の前まで警官が来るが、タイマー錠で開けられなくなっている扉が破壊された様子もないので、中を確認することもなく去る。しかし、いつまた戻ってくるとも限らないと、強盗団は慌ててブツを持って逃げることにする。銀行の裏手から走り出た車両を、周辺で見張っていた政府のエージェントたちが強引に停車させるが、乗っていたのは、アルバイトで雇われた中年の男だった。逃亡車はマルティーヌの知らぬ間に別の車を用意してあったのだ。別車両で持ち主が服役しているガレージに逃げ込み、ブツを確認したテリーたちは、驚愕する。出てきた物は各国の通貨や宝石だけではなく、大臣をはじめとする有名人たちのスキャンダラスな写真だった。中でもスキャンダラスなのはマーガレット王女 のセックス写真であった。テリーがマルティーヌを問いつめると、彼女は情報機関MI5の工作員ティムから特定の貸金庫にしまわれているブツの強奪を頼まれたことを告白する。実は3週間前にマルティーヌはモロッコからの麻薬密輸で逮捕されていたが、銀行強盗を実行すれば、無罪にするとティムが持ちかけてきたのだった。写真は自称公民権運動家のテロリスト、「英国のマルコムX」ことマイケルX(Michael X)が撮ったスキャンダル写真であり、このネタで政府をゆすり、これまで逮捕を免れていたのだった。業を煮やした政府は、非合法手段による奪取をもくろみ、ティムが立案した強盗作戦を実行させたのだった。

銀行から数百万ポンドの現金と宝石類が強奪された事件は連日大々的に報道される。無線傍受の録音がラジオで流され、テリーの子供たちも「パパがラジオに出ている」と騒ぐ。テリーの妻は、見知らぬ女の口車に乗って再び犯罪に手を染めたテリーを責める。ポルノ業者ヴォーゲルはウェストエンドの警官たちへの賄賂が記録してある裏台帳が盗まれたことに気付き、これを知らされた汚職警官たちも慌て始める。売春宿から、特殊性癖にふける姿を隠し撮りしたスキャンダル写真が盗まれたことを知った政府高官たちも回収しようと焦る。実行犯たちは政府のエージェントや筋金入りのプロの刺客に狙われるようになる。先に海外に逃亡した実行犯2人は、何者かによって殺害される。徐々に犯人たちは追いつめられ、強奪した「秘密」を巡る、命を懸けた駆け引きが繰り広げられる。ところが、新聞は報道を全く止める。政府が歴史上数回しか発したことのない「D通告・国防機密報道禁止令」(D-Notice)を出したのだ。

ティムはマーガレット王女のスキャンダル写真を引き渡せと迫り、テリーの仲間を誘拐して拷問し、テリーにたどり着いたヴォーゲルも、裏台帳とスキャンダル写真の引渡を要求してくる。ヴォーゲルは裏社会を通じてマイケルXとも接触があり、スキャンダル写真を取り返してやろうとしていたのである。ティムに従えば仲間を見捨てることになり、ヴォーゲルに従えばティムら政府から狙われることになるとテリーは苦悩する。

結局テリーは、パディントン駅で王室の責任者・マウントバッテン卿に王女の写真を渡し、パスポートと不逮捕の保証を受ける。パディントン駅へ人質交換にやってきたヴォーゲルらはMI5の存在に気付いて逃亡を図り、テリーたちと銃撃戦になる。そこへ、強盗事件捜査担当のロイ・ギブン巡査部長が駆けつけ、汚職警官とテリーたちの両方を逮捕する。ロイがヴォーゲルの裏帳簿に乗っていないのを確認したテリーは、裏帳簿の引渡場所としてパディントン駅を指定していたのだった。パトカーに乗せられたテリーたちは、マウントバッテン卿の計らいで、釈放される。

ヴォーゲルに殺された仲間の追悼パーティーで、マルティーヌはテリーの妻に近づく。テリーに好意を持っており、一緒に逃げてほしかったが、テリーにその気はなかったと言うマルティーヌに、妻はテリーを許すことに決める。

スキャンダル写真を入手した英国政府は、トリニダード・トバゴの隠れ家にいたマイケルXを急襲、これを逮捕し、隠れ家を焼却する。マイケルXはさきに、MI5がマイケルの部下の恋人として潜り込ませていた女性エージェント、ゲイルを粛清しており、その死体が敷地内で発見されたことで絞首刑となる。

警察は大粛正され、ヴォーゲルも服役。政府高官も多くが辞職に追い込まれた。ロイズ銀行の貸金庫に預けていた被害者の多くが被害内容の申告を拒否したという。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
テリー・レザー ジェイソン・ステイサム 山路和弘
マルティーヌ・ラブ サフロン・バロウズ 深見梨加
ケヴィン・スウェイン スティーヴン・キャンベル・ムーア 家中宏
デイヴ・シリング ダニエル・メイズ 小松史法
ガイ・シンガー ジェームズ・フォークナー 福田信昭
バンバス アルキ・デヴィッド 岩崎ひろし
エディ・バートン マイケル・ジブソン 安齋龍太
イングリッド・バートン ジョージア・テイラー 冠野智美
ティム・エヴェレット リチャード・リンターン 内田直哉
マイルズ・アークハート ピーター・ボウルズ 藤本譲
フィリップ・リスル アリスター・ペトリ 荒川太朗
ゲイル・ベンソン ハティ・モラハン
ウェンディ・レザー キーリー・ホーズ
ロウ・ヴォーゲル デヴィッド・スーシェ 村松康雄
マイケルX ピーター・デ・ジャージー 天田益男
ハキム・ジャマル コリン・サーモン
ソニア・バーン シャロン・モーン
銀行員 ミック・ジャガー
(ノンクレジット)

スタッフ[編集]

受賞・ノミネーション[編集]

第35回サターン賞
ノミネート:インターナショナル映画賞

脚注[編集]

  1. ^ The Bank Job (2008)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2009年10月14日閲覧。

外部リンク[編集]