エクスタシー (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エクスタシー (2005年の映画)
London
監督 ハンター・リチャーズ
脚本 ハンター・リチャーズ
製作 アッシュ・R・シャー
ボニー・ティマーマン
ポール・デイヴィス・ミラー
製作総指揮 ベネディクト・カーヴァー
デヴィッド・ヒラリー
ティモシー・ウェイン・ピーターネル
出演者 ジェシカ・ビール
ジェイソン・ステイサム
クリス・エヴァンス
音楽 クリスタル・メソッド英語版
撮影 ジョー・ウィレムズ
編集 トレイシー・ワドモア=スミス
公開 カナダの旗2005年9月3日
日本の旗劇場未公開
上映時間 92分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 £14,000[1]
興行収入 $20,361[2]
テンプレートを表示

エクスタシー』(原題:London)は2005年イギリスアメリカの映画。元恋人への未練に悩む青年と、エリート男性の会話が中心のヒューマンドラマ。

メインキャストは、『セルラー』で共演したクリス・エヴァンスジェシカ・ビールジェイソン・ステイサム

ストーリー[編集]

失恋に悩む青年シドと、ビジネスマンのベイトマンは、ドラッグの売買で偶然知り合い意気投合する。元交際相手のお別れパーティーに、一緒に行って欲しいとシドに懇願され、ベイトマンは一杯だけ付き合うことにする。

シドが交際していたロンドンは、現在の交際相手の住むロサンゼルスに移住することになり、ニューヨークの友人宅でお別れパーティーが開かれていた。パーティー会場であるレベッカ宅に、シドとベイトマンは早く来すぎた為、2階で酒とドラックをやりながら会話する。シドの失恋話に始まり、交際中の出来事や、ベイトマンの性癖、果ては宇宙と神について語りあう。

会場に人が集まり始め、2階にセクシーなマヤやマロリーが訪れ、ドラッグを分けてもらい会話に参加する。ついに主役のロンドンが会場に来ると、ベイトマンは彼女に会うようシドを説得する。意を決したシドが下の階に降りると、美人なロンドンは男性に口説かれていた。薬でラリって空気を読めないシドが乱入し、会場では殴り合いが始まる。

どさくさにまぎれてベイトマンがマロリーを持ち帰ろうとすると、シドも強引にロンドンを連れ出す。ベイトマン達と分かれたシドとロンドンは、車の中で話し合うが、ロンドンの気を引き止めることは出来なかった。

後日、ロスへ向かう空港内で、ロンドンはシドに呼び止められる。そして彼は、今まで一度も言ったことの無い言葉を言うのだった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Box office / business for London (2005/I)” (英語). IMDb. 2015年7月18日閲覧。
  2. ^ London (2006)” (英語). Box Office Mojo. 2015年7月18日閲覧。
  3. ^ Complete Leelee's FILMOGRAPHY (2000 - present days)”. 2015年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]