ディアボリーク 悪魔の刻印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディアボリーク 悪魔の刻印
Der grosse Bagarozy
監督 ベルント・アイヒンガー
脚本 ベルント・アイヒンガー
原作 ヘルムート・クラウサー英語版
製作 ベルント・アイヒンガー
製作総指揮 サビーネ・アイヒンガー
出演者 ティル・シュヴァイガー
コリンナ・ハルフォーフ
トーマス・ハインツドイツ語版
音楽 ヘニング・ローナードイツ語版
ステファン・ツァハリアス
撮影 ジャエノ・ロールドイツ語版
編集 アレクサンダー・バーナー
配給 ドイツの旗 コンスタンティン・フィルム
公開 ドイツの旗 1999年10月7日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 110分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

ディアボリーク 悪魔の刻印』(あくまのこくいん、Der grosse Bagarozy)は、1999年ドイツホラー映画ベルント・アイヒンガー脚本・監督・製作、ティル・シュヴァイガーコリンナ・ハルフォーフトーマス・ハインツドイツ語版出演。

ストーリー[編集]

精神科医のコーラ・デュルツは、前の患者がスカイダイビングを装って自殺したという報道がされていたが、あれは事故で診察とは無関係だと周囲に訴えていた。そのころ、自ら診察予約してきたスタニスラフ・ナギーという男性から、自分は悪魔でマリア・カラスの人生を操っていたとの話を聞かされる。

コーラは、ナギーが大抵の患者と同じく、ただの妄想癖がある人物だと考え話を聞き流していた。だが夫であるロバートが、心筋梗塞の発作に怯え激しい運動をしなくなったため、夫婦の営みができずに欲求不満だったコーラは、ナギーの診察を続けるうちに彼のあやしい魅力に惹かれ、行動を共にするようになる。その都度ナギーから、マリア・カラスの人生に自分が関わっていたという話と、自分が彼女に代わって書いたという遺書などの証拠を示されるが、コーラは現実離れしたそれらの話を信じきれずにいた。

一方妻に隠れて何人かの女性と浮気していたロバートは、コーラが最近になって自分を避けていると感じ始め、友人のフランクから浮気がばれたのではないかと言われるが、ロバートは自信を持ってそれを否定する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]