アントワーヌ・モノー・Jr

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アントワーヌ・モノー・ジュニア
Antoine Monot, Jr.
別名義 Antoine Monot
生年月日 (1975-06-22) 1975年6月22日(43歳)
出生地 西ドイツの旗 西ドイツラインバッハドイツ語版
国籍 スイスの旗 スイス
身長 183 cm[1]
職業 俳優・映画プロデューサー
ジャンル テレビ・映画
活動期間 1992年 -
著名な家族 ジャン=フランソワ・モノー(父)
ギゼラ・モノー(母)
公式サイト http://www.monot.com/

アントワーヌ・モノー・JrAntoine Monot, Jr.1975年6月22日 - )はドイツおよびスイス俳優映画プロデューサーアントワーヌ・モノーAntoine Monot)とクレジットされることもある。また、日本ではアントニオ・モノーアントアーヌ・モノなど表記にばらつきがある。

略歴[編集]

1975年6月22日に西ドイツ(当時)のラインバッハドイツ語版で、スイスローザンヌフランス語圏)出身の作曲家指揮者のジャン=フランソワ・モノー[2]ドイツ人女優ギゼラ・モノー[3]の息子として生まれる[4]

1990年代初頭から俳優として活動する一方、1993年からチューリッヒ芸術大学で演出を学ぶ[5]。俳優としてテレビドラマを中心に活動する一方、映画プロデューサーとしても活動している。

主な出演作品[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1999 GIGANTIC ギガンティック
Absolute Giganten
ウォルター
ディアボリーク 悪魔の刻印
Der grosse Bagarozy
夜勤玄関番
2001 es
Das Experiment
看守/ボッシュ
2011 ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀
Hindenburg
シュミット テレビ映画を再編集したものが日本で劇場公開された
2014 ピエロがお前を嘲笑う
Who Am I – Kein System ist sicher
ポール

参考文献[編集]

  1. ^ Personalidade: Antoine.Monot.Jr.” (ポルトガル語). InterFilmes.com. 2014年2月18日閲覧。
  2. ^ Jean-François Monot (1949 -)” (フランス語). Bibliothèque cantonale et universitaire BCU Lausanne. 2014年2月18日閲覧。
  3. ^ Gisela Monot” (英語). IMDb. 2014年2月18日閲覧。
  4. ^ Antoine Monot Jr.” (ドイツ語). filmportal.de. 2014年2月18日閲覧。
  5. ^ Ein Interview mit Antoine Monot Jr” (ドイツ語). cn-klappe. casting-network. 2014年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]