グリマーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グリマーマン
The Glimmer Man
監督 ジョン・グレイ
脚本 ケビン・ブロドビン
製作 スティーブン・セガール
ジュリアス・R・ナッソ
出演者 スティーヴン・セガール
音楽 トレヴァー・ラビン
撮影 リック・ボタ
編集 ドン・キャンバーン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年10月4日
日本の旗 1997年1月18日
上映時間 92分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000
興行収入 $20,100,000 アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

グリマーマン(The Glimmer Man)は1996年製作のアメリカ映画。

ストーリー[編集]

ロサンゼルス市民は、一般家庭をターゲットにした連続猟奇殺人事件に恐怖していた。それは、十字架にかけられたキリストのように、被害者を壁に磔刑にするという残酷極まりないものだった。この犯人を世間は「ファミリーマン」と呼んでいた。

ニューヨークから赴任してきたジャック・コールは、刑事としての洞察力などその他方面にかけての力を認められ、殺人課の刑事ジム・キャンベルと組んでファミリーマン事件に当たることになる。ジャックとジムが被害者を検死しているところへ赴くと、被害者は骨肉腫に罹っていた事を告げられる。

ある日、市内の学校で生徒による立て篭もり事件が発生する。現場に急行し事件を解決したジャックのところへ、町の実力者フランク・デベレルの用心棒ドナルド・カニンガムが現れる。立て篭もり犯はデベレルの息子であったため、事件の供述に色をつけてほしいとのことだった。ジャックは半ば脅しともとれるドナルドの言葉を一蹴する。

そして数日後、またファミリーマン事件が発生する。被害者はジャックの前妻で夫と共に壁に磔にされていた。現場にはジャックの指紋が多数発見され、ジャックは窮地に追い込まれる。しかし、ジャックはこの事件はファミリーマンの仕業ではないことを見抜く。誰もジャックの意見には耳を傾けないが、ジムはジャックと共に捜査を進めるのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
VHSDVD テレビ朝日
ジャック・コール スティーヴン・セガール 玄田哲章 大塚明夫
ジム・キャンベル キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ 江原正士 山路和弘
フランク・デベレル ボブ・ガントン 小川真司 糸博
ミスター・スミス ブライアン・コックス 小島敏彦 堀勝之祐
ドナルド・カニンガム ジョン・M・ジャクソン 大友龍三郎 廣田行生
ハリス警部補 ライアン・カトロナ 石波義人 山野史人
クリストファー・メイナード スティーヴン・トボロウスキー 石井隆夫 岩崎ひろし
ジェシカ・コール ミシェル・ジョンソン 叶木翔子 幸田夏穂
スミスのボディガード ロバート・メイルハウス 仲野裕 堀之紀
ローデン刑事 リチャード・ガント 宝亀克寿
ジョニー・デベレル ジョニー・ストロング 中多和宏 野島健児
ミリー ニッキ・コックス 佐藤しのぶ 弓場沙織
ミリーの父親 ピーター・ジェイソン 宝亀克寿 西村知道
メラニー・サーデス ウェンディ・ロビー 宮寺智子 望木祐子
ファレル刑事 デニス・コックラム 伊藤和晃 斎藤志郎
検死官 ハリス・ラスカウィ 天田益男 石波義人
役不明又はその他 西宏子
大川透
小野未喜
増田ゆき
柳沢栄治
高瀬右光
後藤哲夫
小野未喜
小高三良
園田恵子
小野健一
翻訳 平田勝茂 たかしまちせこ
演出 蕨南勝之 鍛冶谷功
録音 新井保雄
調整 栗林秀年
効果
音響制作 中西真澄
プロデューサー 東慎一
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
プロセンスタジオ
ブロードメディア・スタジオ
初回放送 1999年8月29日
日曜洋画劇場

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]